セミナーなどの最新情報を


このカテゴリでは、Revit(レビット)関連のニュースというか最新情報などを記録していこうと思っています。

最新情報をその場で書いていく訳ですから、しばらくすると古い情報になってしまうという欠点があります。

でも、情報とはそもそもそういった性質を持っているもの。

情報が古くなることを恐れて新しい情報を書かない、というのも変な話なので、あまり気にしないで色々と書いていくことにします。

主に扱っていく情報は以下のようなものになると思います。

・セミナーなどの開催情報

・Revit(レビット)関連の最新情報

・BIM(ビム)に関する情報

今回はそれぞれの項目について簡単に補足をしてみます。

■セミナー

情報というものは不思議なもので、それを知っているだけで価値がある訳では決してありません。

だけど、知らないのと知っているのとを比較すると、やはりそれなりに差がついてしまうものです。

一番ダメなのは、情報を収集している内に、情報を収集すること自体が目的になってしまうこと。

そうでない限りは、自分が従事している仕事に関連する情報を知っているというのは価値のあることです。

それをどう生かすかは本人次第ですけど、知らなければ「全く生かせない」という選択肢しかありませんから。

という訳で……

Revit(レビット)関連のセミナーには、できる限り参加したほうが良いのではないか。

これが私の考えです。

もちろん住んでいる地域によっては、そう簡単にセミナーに参加することが出来ない、という場合もあるでしょう。

しかし最近はオンラインセミナーなどが用意されている場合もあるので、住んでいる場所で諦めないで済むこともあります。

そうしたセミナーの情報を集めているかどうかで、会社にいながらセミナーを受講できるかどうか、差がつく訳です。

セミナーは数カ月前から開催を告知されるものですから、時々ここを見るだけでも結構セミナー情報は集まると思いますよ。

 

■Revit(レビット)関連

Revit(レビット)はまだ割と新しいCADですから、メーカー側も色々な戦略を取ってきます。

ユーザーとしては振り回される感じがすることもありますけど、ある程度はついていく必要もあります。

また、Revit(レビット)はまだ進化途上のCADです。

メーカーの発表や新機能の搭載などによって、少しずつと言わず、劇的に便利になる可能性もあります。

……すみません、ちょっと自分の期待を込めすぎて書いてしまいました。

これは少し極端な表現でしたが、新機能やエクステンションなどの情報を仕入れておくのは大事なことです。

なので、ここではRevit(レビット)に関する新しい情報、もしくは私が初めて知った情報について色々と書いていくつもりです。

ここに記録をしようと意識するから、情報収集のアンテナがいつもよりも敏感になる、というのを個人的には期待してます。

■BIM(ビム)関連

これもRevit(レビット)関連の情報と同じで、BIM(ビム)に関する情報を書いていくつもりです。

これを書いている今現在と数年前を比べると、あまり進歩していないような気もしますけど……

そういうのは、記録をしていくことで色々と見えてくるものです。

もっと全体的にBIM(ビム)関連の話が盛り上がると良いんですけど、これは私の力ではどうすることも出来ません。

ここに記録をしながら、問題点が少しずつ改善されていく過程が分かるようになると良いんだけど。

と、そんなことを期待したりしてます。

 

このページの先頭へ