LT版で出来ないことは?

Revit(レビット)LTについて、ユーザーとしてどんなことに期待をしているのか。

そんな話を前回はしてみました。

しかし、LT版でユーザーが増えて欲しいけれど、自分はLT版じゃない通常版を使いたいとか……

いつも思うことなんですけど、ユーザーって本当にワガママですよね、ってこれは私だけなのかな。

あとは「売れなくてもいいから、誰かマニュアル本を出してくれないかな」という意見も酷いですね。

そう思うだけなら良いかも知れませんけど、ここで書いてしまうとちょっと無責任すぎる気がします。

ただ、私の場合は書籍ではないけれど、Revit(レビット)のマニュアルサイトならば作りたい。

別に先ほどの発言の責任を取る訳ではないですけど、結構前からそんなことを考えています。

時間が取れれば、という絶望的な条件が付きますけど、近いうちに色々とやってみようかな。

ここで書けば少しは自分の背中を押す効果もあるかも知れないし。

ただし……

これは書籍を書いて「売れない」ってなる場合と一緒なんですけど、Revit(レビット)がテーマだと絶対的なアクセスが少ないんですよね。

ユーザーの少なさはこういうところで痛感します。

結局同じような話に戻ってきてしまいますけど、だからこそRevit(レビット)LTには頑張って欲しい!

まあコンテンツの質が一番の問題なんですけど、それは考えないことにして、今回はLT版の機能制限について考えてみましょう。


■LT版の機能制限

まずはRevit(レビット)の通常版で出来て、LT版では出来ないことを箇条書きで挙げていきます。

というかそれが通常版とLTの違いのすべてなので、それで話が終わってしまう可能性は高いですが。

どの機能が使えなくなっているのか、というのはユーザーが一番気にする部分じゃないでしょうか。

ということで、まずは悪いニュースから。

・インプレイスファミリが使えない

・コンセプトデザイン環境が使えない

・レンダリングが出来ない

・解析関連が出来ない

・点群データを扱う事ができない

・パーツ機能が使えない

・ワークシェアが出来ない

・配筋関連の機能がない

・IFCなど一部のフィアル形式への書き出しが出来ない

……と、こんな感じになります。

 

■影響は部分的かも

出来ないことが色々とありますけど、実際にRevit(レビット)を使っている側からすると、全然影響ない要素も多いという感じ。

気になるポイントとしては、インプレイスファミリが作成出来ない(編集は出来ます)ことがまず一番かな。

あとはパーツ機能の制限も結構痛いですし、ワークシェアが出来ないというのはプロジェクトによっては大きな問題です。

レンダリングについては、基本的にRevit(レビット)のレンダリングは使っていないので、まあ良いかという感じです。

3DSMAXのファイル形式であるFBX形式に書き出すことは出来るので、個人的にはあまり困りません。

IFCに関しては微妙ですね……どうせなら書き出しが出来れば嬉しかったんですけど、まあ仕方がないですね。

また、レンダリングに関しては、Autodesk側はクラウドレンダリングを推奨しています。

精度や細かい調整やセキュリティはどうなのか、という話はありますけど、スピードを考えると検討の余地はあると思います。

今回はちょっと悪いニュースを取り上げましたが、次回はLT版でもここまで出来る、という良いニュースを取り上げてみます。

 

このページの先頭へ