LT版でどこまで出来るか

前回はRevit(レビット)LTが通常版に較べて不足している部分、どんなことが出来ないかを紹介しました。

価格が安い訳ですから、ある程度の機能制限は仕方がないことじゃないかと私は思っています。

価格を抑えた商品を購入して、機能が足りないと文句を言うのは、やっぱりどこかおかしいですよね。

でも、制限される機能の種類によっては、余りにも実務で使えないソフトだ、ということになる可能性もあります。

だから当然、どんな機能制限があるのかという話は、購入する側としては重要な要素になる訳です。

Revit(レビット)LTが搭載していない機能について、前回箇条書きで挙げていったのはそういう理由があるから。

今回はもう少し補足をしてみようと思い、Revit(レビット)LTで問題なく出来ることを取り上げてみます。


■通常の3Dモデリング

まず結論から書いてしまうと……

Revit(レビット)LTでは、基本的な3Dモデリングが問題なく出来るようになっています。

基本的な作図機能については、通常のRevit(レビット)と同じ状態なので、特に問題なく作図は可能です。

LTで不足しているのはその先の作業の一部。

まずは3Dモデリングをして図面化をしたい方であれば、LTでも充分に作業は出来ると思います。

まあLTではないRevit(レビット)も、図面化の機能が充実しているとは言い難いですけど。

解析とか点群とかワークシェアなどの機能は、あった方が良いけれど必須の機能という訳ではありません。

そのあたりの機能を削って、安価なRevit(レビット)LTとして販売してくれる。

これはやっぱりユーザーにとって有り難い話だと思います。

 

■少しは影響もある

ただし、インプレイスファミリの作成が出来ないというのは、モデリングをしていて困る時があるかも知れません。

インプレイスファミリというのは、その場で自由な3Dモデルを作成する機能で、結構重宝する機能なんです。

だけどしばらく使っていると、結局はインプレイスファミリではなく、通常のファミリにした方が使い勝手が良いことに気が付きます。

私は今現在、極力インプレイスファミリを使わないようにしているので、個人的にはあまり影響がない状態です。

とは言え、手軽に3Dモデルを追加出来る機能が使えない訳ですから、ちょっと困るシーンはあるでしょう。

私も出来るだけ使わないようにはしていますけど、作成出来ないと言われると少し抵抗を感じてしまいます。

あまり使わないけれども、機能としてはあって欲しかった。

ちょっとこれはユーザーのワガママな意見なのかも知れませんが、出来ればこれは削除しないで欲しかったですね。

3Dモデリングはきちんと出来るというのがLTのスタンスならば、搭載されていても良かった機能ではないかと思います。

あとはパーツ機能が使えないことも影響がありそうです。

1つの壁内に複数の部材が重なっている場合に、パーツ機能を使えばそれぞれの高さを変えることが出来ます。

LGSは上階スラブまで伸ばすけど、こちら側の石膏ボードは天井下でも問題ないから下げておきたい。

そんな場合にパーツ機能があれば、壁の層構造の一部を下げるなどのテクニックを使うことが出来ます。

作図関連の機能の中では、この2点がRevit(レビット)LTにはないので、LTを使うべきか考える材料としてみてください。

 

このページの先頭へ