Revit2014の新機能(意匠)


前回はRevit(レビット)の現状について、私が思っていることを色々と書いてみました。

当然のことですけど、私の意見が正しいかどうかなんて、私を含めて誰にも分かりません。

なので、そんなことないと思っている方もいるかも知れませんが、まあそんな意見もあるという感じで軽く流して頂けると助かります。

と、ちょっと前置きが長かったですけど、前回の話で一番言いたかったのは「新しいバージョンで便利になって欲しい」という話。

文字を書くための道具でも、書きやすいペンの方が良いし、長い時間書いても疲れないペンのほうが良い。

それと同じで、図面を書くための道具であっても、出来るだけ使いやすくて不便のないCADの方が良いんです。

今私が使っているCADはオートキャド(AutoCAD)とRevit(レビット)なので、どちらも少しでも便利になって欲しい。

これはユーザーの結構真剣な願いなんですよね。

もちろん便利なCADに乗り換えるという選択肢も、決して全くない訳ではないんですけど……

コストや会社的な状況を考えると、今のところはあまり現実的とは言えない状態でもあるんです。

だから、少しでもCAD側で頑張って進化してもらい、ユーザーの使いやすいツールになって欲しいと思います。

と言うことで。

ようやく新しいバージョンであるRevit(レビット)2014の情報が入ってきたので、簡単にではありますが紹介をしてみましょう。


■まだ英語版だけ

しかし残念ながら、Revit(レビット)2014の情報は、まだ英語でしか情報がない状態なんです。

英語版のRevit(レビット)が日本語化されるまでには、まだもう少し時間がかかってしまいます。

とは言え、基本的なソフトの機能は英語版でも日本語版でも一緒なので、どんな機能が実装したのかを確認することは出来ます。

もちろん英語で。

自慢じゃないですけど私の英語力はサッパリなので、ここはブラウザの翻訳機能に活躍してもらうしかありません。

それによると、Revit(レビット)2014の新しい機能には、以下のようなものがあるようです。

■Revit(レビット)2014の新機能(意匠系)

・避難回数

・ドッキング可能なウィンドウフレームワーク&強化

・材料のUIのオーバーホール

・非長方形の作物地域

・部屋計算点

・スケジュール

・選択の強化

・スプリット標高

・一時的なビューテンプレート

・ナビゲーション性能を見る

・マルチ選択 – 前面に表示&バックアップに送る

・階段&手すり

・編集するためにダブルクリックして

・ポイントクラウド

ちょっと意味が分かるような分からないような……

ここで紹介したのは意匠系だけですが、構造系や設備系などもあるので、それは次回に続きたいと思います。

 

このページの先頭へ