Revit2014の新機能(構造設備)


新しいバージョンであるRevit(レビット)2014の情報が英語版であったので、前回は正直に翻訳して紹介してみました。

ある程度意味が分かる部分もあるし、全く意味不明の部分もあって、100%の情報とは言い難いと思います。

けれど、私の場合は英語を眺めていてもそこから読み取れる情報はほぼ0%なので、それに比べればまだマシですよね。

まああまりレベルの低い部分で比較をしても意味がないですけど。

前回出てきた内容の中では、以下のような項目であれば、何となく意味が分かりそうですよね。

・選択の強化

・編集するためにダブルクリックして

オートキャド(AutoCAD)のようにダブルクリック編集機能が盛り込まれた可能性が高い気がします。

また、要素の選択機能がもっと便利になるというのも、実際にRevit(レビット)を使う人には嬉しいニュースです。

後は具体的にどんな動きなのかが問題ではありますけど、おおよその情報としては悪くないと思いますが、いかがでしょうか。

今回は引き続き意匠以外の要素である構造、設備、解析関連の新機能を翻訳して紹介してみます。


■Revit(レビット)2014の新機能(構造系)

・マルチリファレンスの注釈

・構造解析モデルの改良

・補強丸め

・鉄筋制約

・溶接金網の制約

・強化された鉄筋の図形

・英国の図形の鉄筋長さの計算

■Revit(レビット)2014の新機能(設備・解析系)

・CSVファイルの削除 – 家族にCSVデータを埋め込む機能。

・システムを分割します。

・ダクトのエアターミナル – 直接ダクトセグメントにエアターミナル家族を配置する機能。

・配管テンプレート

・キャップオープンエンド

・角度制約

・建築物の要素のためのエネルギー分析 – 自動的に建築の建物の要素を使って作られたRevitモデルからのエネルギー分析モデルを生成する機能。

・GBSの分析アプリケーション機能

■ある程度の情報まで

エアターミナル家族を配置する機能……

ここで出てくる「家族」というのは、まず間違いなくRevit(レビット)で言うファミリでしょう。

翻訳もソフト特有の機能までは面倒見てくれないので、後は読む側だ出来るだけ補完をするしかありませんけど、それにしても。

あと2ヶ月も待たずに、日本語版の情報も出てくるはずなので、分かり次第同じように紹介をしてみたいと思います。

そして実際にRevit(レビット)2014をインストールしたら、使い勝手などもあわせてレポートしていくつもりです。

 

このページの先頭へ