目的がないと効果はない

Revit(レビット)というCADは、単に高さ情報を持ったCADだけではなく、BIM(ビム)の概念を実現する機能を持っています。

しかし「実際にBIM(ビム)の概念を実現する機能」という漠然とした表現では分かりにくい。

ということで、前回は具体的な例を出しつつ、3Dデータが情報を持つことの意味について書いてみました。

配置した部材に様々な情報が付加されているというのは、今までの2DCADにはなかった考え方だと思います。

CADの革命、というのはちょっと大げさな表現かも知れませんが、今までにない概念だというのは確かです。

もちろん今の段階では、その概念を完全に再現出来る機能を持つソフトはない、というのが正直なところです。

でもそれは技術的な話ですから、もちろん努力は必要ですけど、あくまでも時間が解決してくれることだと思います。

BIM(ビム)がやろうとしていることの方向性を考えると、様々な可能性を感じるので、1ユーザーとしては非常に楽しみです。

だから私は1ユーザーとして、もっとRevit(レビット)の機能が進化すれば良いなと思っています。

続きはこちらから »

カテゴリー:BIMとは

3Dモデルが情報を持つということ

建物を3Dモデリングをした状態で、それぞれの部材が情報を与えられている状態をBIM(ビム)と呼びます。

これは理屈では何となく分かる話なんですけど、実際にどういう事か納得をするまではなかなか難しいです。

だから前回の後半からは、実際にRevit(レビット)を使った具体的な話を始めてみました。

3Dモデリングデータはこんな感じです。

 

鉄骨柱と梁のモデリング

 

こうして3Dで入力した梁ですが、単なる3DCADとして考えれば、もうこれでOKという感じですよね。

そこに配置されていて、さらにこうして3Dで視覚的に見えて、さらに自由な角度に動かすことが出来る。

これは実際にRevit(レビット)を使ってやってみるとよく分かりますが、非常に分かりやすい状態です。

ここまでのモデリングはそれほど大変な作業ではありませんが、何となく凄い仕事をしたかのような気になってきます。

こうした「結構頑張った感」を感じるという意味では、Revit(レビット)はなかなか良いCADと言えるかも知れません。

実際の業務で使ってみると、大まかにモデリングをした後の細かい調整が大変だという事実を知る訳ですけど。

それでも、ある程度大まかな部分では、それほど難しく考えずにモデリング出来るというのは便利ですよ。

続きはこちらから »

カテゴリー:BIMとは

3DモデリングとBIM(ビム)

前回はRevit(レビット)を使って3Dモデリングすることの難しさに少しだけ触れてみました。

解説をする側ではなく、実際にCADを使う側からの意見が色濃く出てしまった気もしますけど……

まあ実際に自分でRevit(レビット)を操作している訳ですから、ある程度はそうした色が出ても良いですよね。

ただ、今現在Revit(レビット)が出来ない事を色々と知っているので、書いていくと少しずつ熱くなる傾向にありそうです。

書いていくとキリがないこともありますし、それが単なる愚痴にならないように気を付けないといけません。

とは言え、まだRevit(レビット)の機能が完全に近いとは言い難い、というのもまた事実。

なので、元から存在しない機能をRevit(レビット)に求るのは、あまり効率が良いとは言えないかも知れません。

存在しない機能を求めてしまい、それが見つからないことに対して、それを自分のスキルのせいにする。

それでは仕事をしていても面白くないですからね。

って……

そんなことを今は書いていますけど、今後Revit(レビット)がどんどん進歩していけば、ここで書いた文章は全然意味不明ですよね。

そう遠くない将来に、そういう状態になることを、1ユーザーとして心から期待しています。

続きはこちらから »

カテゴリー:BIMとは

3Dモデリングは簡単ではない

BIM(ビム)という言葉は、長い単語の頭文字を取って作られた名前だけあって、色々な意味を持っています。

ただ単に3DCADを使い、建物のデータに高さ情報を与えて3D入力するだけではなく、もっと先があるんです。

作成された3Dデータに「情報」が与えられて、そこでようやくBIM(ビム)という言葉に意味が出てくる。

前回はそんな感じの話をしました。

単純に建物の形状を3Dでモデリングしただけでは、正式な意味ではBIM(ビム)とは呼べない。

そこに情報が与えられないと、せっかく3Dモデリングした建物の価値も半減してしまいます。

……と、そのような表現をしましたが、これは一般的な言葉の定義を考えて書くとそうなる、というだけの話なんです。

今まで2DCADを使って作図をしていた状態に比べると、高さ情報を持っているCADデータにはやはり価値があります。

そこに情報を盛り込めばなお良い、というくらいのニュアンスで書きたいのが正直な気持ちです。

今回はそのあたりの、3DモデリングデータとBIM(ビム)について思うところを書いてみたいと思います。

続きはこちらから »

カテゴリー:BIMとは

部材が情報を持つ意味とは

前回はBIM(ビム)という言葉を作る意味について簡単に考え、その中にある「情報」という言葉について考えてみました。

建物を構成している3Dの要素が、それぞれ細かい情報を持っている。

これがBIM(ビム)の大きな特徴であり、今までの2DCADとは決定的に違う部分でもあります。

ただ、情報を持っていると言っても、それがCAD特有の情報であればあまり大きな意味はありません。

例えば二次元CADとして有名なオートキャド(AutoCAD)でも、作図した図形には様々な情報が盛り込まれています。

では、二次元CADが持っている情報と、前回書いたBIM(ビム)の概念が持っている「情報」とは何が違うのか。

今回はこのあたりについて考えてみたいと思います。

続きはこちらから »

カテゴリー:BIMとは

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >

このページの先頭へ