CPUを考えてみると

Revit(レビット)を仕事で実際に使う為には、どの程度のスペックを持つパソコンが必要となるのか。

前回はその為の知識として、パソコンを選ぶ時に見るべきポイントについて簡単に説明をしてみました。

そして、実際にRevit(レビット)を使う側として、どこまでパソコンに詳しければ良いのか、という部分も考えてみました。

何にでも言える事ですが、それについて詳しい方が良いに決まっている、というのが当たり前の結論になります。

でも、そこまで詳しくなくてもRevit(レビット)を使って3Dモデリングをすることは可能です。

そういう意味では、あまりパソコンの中身について専門的な知識を持っている必要はない、と言えるはず。

もしパソコンの中身について興味があるなら別で、興味があることはとことん調べた方が良いと思います。

しかし、パソコンを使うことに興味はあっても、仕組みについて特に興味がないのなら、そこまで突っ込む必要なありませんよね。

パソコンについての知識を仕入れる時間を減らし、もっと別のことを覚えるのに時間を使う。

これが正解なんじゃないかと思います。

続きはこちらから »

カテゴリー:周辺機器

どこまで詳しければ良いか

前回はRevit(レビット)を快適に使う為に、OSとグラフィックボードをどう選択するかについて書いてみました。

その中でも書きましたが、グラフィックボードをどうするかが結構悩みの種だったりするんです。

これは私だけですかね。

高性能のグラフィックボードを搭載すると、当然のように値段が跳ね上がる訳ですが……

1つ下のスペックを持つグラフィックボードを選択した場合に比べ、どの程度スピードアップしたか。

これがなかなか実感出来ないんです。

それなのに、数万円高いスペックのグラフィックボードを選択するというのは、なかなか勇気が必要。

もちろん結果としては処理が速い訳ですから、時間効率を考えれば問題なくペイ出来てると思うしかないですけど。

今回はパソコンを構成するパーツの中で、比較的分かりやすい項目であるハードディスクについて書いてみます。

続きはこちらから »

カテゴリー:周辺機器

OSとグラフィックボードの選択

前回はRevit(レビット)を快適に使う為の環境として、パソコンに必要なスペックについて簡単に説明をしました。

パソコンのスペックがどの程度なのかを表す上で、非常に重要な要素と言える「CPU」と「メモリ」。

これがどの程度必要なのかは、パソコンを導入する時期によって変わってきますので、具体的な品番を書くことは出来ません。

しかし、現在販売されているモデルの中で、最も安いモデルなどに搭載されているCPUでは、ちょっと不足です。

出来れば「中の上」もしくは「上の中」程度のスペックが欲しいところ、という漠然とした表現しか出来ないのが歯痒いです。

もちろん最高峰のモデルを買うのが間違いないんですけど、そこまでするとオーバースペックになる可能性もあって……

このあたりのコストと効果のバランスって本当に難しいです。

さて、今回はメモリをどの程度搭載するかにも影響を与える、OSについて書いてみたいと思います。

続きはこちらから »

カテゴリー:周辺機器

CPUとメモリについて

Revit(レビット)を無駄なく使いこなす為には、パソコンまわりでどんな条件を考えれば良いのか。

前回はまず基本的な部分ということで、そのあたりについての話を簡単にしてみました。

効率よく仕事をする為には、ある程度のスペックを持ったパソコンの方が良い、というのが私の考えです。

道具にこだわるよりも、自分のスキルを磨くのが先。

そんな意見もあるかも知れませんが、パソコンは自分が仕事で使う大事な道具ですから、ある程度はこだわっても良いと思います。

と言うことで、ここではパソコンまわりで考える項目について、少し細かく見ていくことにします。

続きはこちらから »

カテゴリー:周辺機器

パソコンまわりの環境は?

このカテゴリでは、実際にRevit(レビット)を使う為にはどんな環境が必要なのか、というあたりについて考えてみます。

環境といっても、別に仕事をする部屋の環境とか、会社があるビルの立地などの話ではないですよ。

そんな壮大な話をすることは出来ないし、かりに「こんな事務所の環境がベストです」と言っても、実現は難しいですよね。

そういう意味のない話ではなく、ここでは単純にパソコンのスペックとかそのあたの話をしていきます。

パソコンを新しくするくらいであれば、それほど無理なく実行することが出来ますから、まあここで書いても無意味ではないですよね。

オートキャド(AutoCAD)をはじめとする一般的なCADでも、仕事で使う場合には、それなりのスペックが必要になります。

もちろん低いスペックのパソコンを使っても、全く動作しないとか、そういう極端な事にはなりません。

ただし、何とか動くけれど、実際に仕事で使っているとパソコンの動きに足を引っ張られて効率が悪い。

という感じになります。

そうならない為にはどうすれば良いのか、という話ですが、まあ基本的なスタンスはやっぱり「良いパソコンを使う」ですよね。

でも、そうした表現では漠然としすぎているので、もう少し具体的な話が出来ないか、といいうのがこのカテゴリのテーマです。

続きはこちらから »

カテゴリー:周辺機器

このページの先頭へ