書き出された寸法の処理

Revit(レビット)から2DCADに書き出したデータは、細かい設定をしない限りなかなか思惑通りにはいきません。

書き出しされたデータを2DCADで開いて、パッと見ただけでも思ったような状態にならない事が多い……

ただしこれは、きちんと設定をすれば解決する話であって、特に大きな問題にはならないことです。

Revit(レビット)側にそうした機能が用意されていない、という話ではないですから。

そんな話を今までしてきましたが、今回は見た目よりも重要な部分、どんな状態で書き出されているかについて考えてみます。

色や画層などは書き出し設定を調整することで、ある程度綺麗に書き出されるようになります。

でも、見た目以外の要素はどうなるのか、というあたりの話ですね。

続きはこちらから »

データ連携について考える

Revit(レビット)を使って設計図をまとめる際、実際の業務で問題になるのはどんなところなのか。

そんなテーマで今まで色々と書いてきましたが、とりあえず以下の項目の上3つについては少し詳しく説明することが出来ました。

・モデリングするデータは常に1つである

・CADとしての製図機能がまだまだ足りない

・どこで切ってどう見せるかの融通が利かない

・他のCADへの書き出しが綺麗に出来ない

まだまだ発展途上の3DCADですから問題があるのは当たり前で、文句ばっかり言っても先に進まないという話はあります。

ただ、問題点を抽出しないと解決もしないという事実もあるので、実際に業務で使っている側の意見として色々と書いている訳です。

本当なら、こうして問題点を提示した後で「こんなやり方をすれば完全に解決ですよ」と続きたいところですけど……

現実問題として本当に機能がない場合もあったりして、なかなか思うように図面化が出来ない、というのが現状ではないかと思います。

続きはこちらから »

3Dモデルから図面化の問題点

Revit(レビット)では、3Dモデリングデータから平断面や縦断面を作成し、そこに文字や寸法を入れて図面をまとめていきます。

3Dモデリングさえきちんとやっておけば、パースにも活用できるし数量も拾えるし、図面でも活用出来る。

もう良いことばかりの状態になって最高に便利!

というのがRevit(レビット)のコンセプトであり、目指しているレベルなのだと思います。

今まで使ってきた2DCADに比べると、Revit(レビット)というのは非常に可能性を感じさせるツールですよね。

少なくとも私はそう感じていますが、しかし……

最初からそんなに都合よく行くはずもなくて、現状では問題点が色々と出てくる状態でもあります。

図面として活用する際には「どこで断面を切るか」の融通が利かないから、図面の表現に苦労することが結構多い。

前回はそのあたりの問題点を紹介しましたが、今回はもう少し具体的に説明してみたいと思います。

続きはこちらから »

3Dモデリング要素と図面と

Revit(レビット)を使って実際に建物をモデリングしようとすると、割と序盤にあることに気が付きます。

3Dモデリングをする要素と、図面として必要な要素は根本的に考え方が違うんだ、ということに。

Revit(レビット)では、3Dのパーツを組み合わせてモデリングをしていくことになります。

しかしそれだけでは図面として成り立たない、という現実がある訳です。

だから図面としてまとめる為には、3D要素以外の線や寸法も入力していく必要がある、というのが前回の話でした。

3D要素以外は3Dビューに表示されない、という状態も前回は例として紹介しましたので、イメージは出来ると思います。

今回はその話の続きとして、平面図で表現されるのがどんな線なのかについて考えてみます。

続きはこちらから »

モデリングと製図の違い

前回はRevit(レビット)でのモデリングをイメージする為、簡単なサンプルを用意してみました。

その前に紹介した、オートキャド(AutoCAD)の平面図と3Dビューに比べると、かなり分かりやすいですよね。

Revit(レビット)とオートキャド(AutoCAD)は色々と違う特徴を持っていますが、この「分かりやすさ」が大きな違いです。

図面のプロであれば平面図のみでも分かりますけど、建物を建てようとしている方が全員図面のプロではありません。

そういう場合には、やっぱり分かりやすい3Dビューが威力を発揮することになると思います。

私は建築のプロですから、本当は「3Dビューなんてなくても分かる」と言いたいところではあります。

でも、自分だけが分かっていても、それが相手に伝わらないと意味がない場合も多いんです。

そういうことを考えると、Revit(レビット)は使い方によっては非常に便利なツールになるんじゃないか。

そんなことを考えています。

続きはこちらから »

このページの先頭へ