Revit(レビット)でのモデリング例

2DCADと3DCADの違いというテーマで、前回はオートキャド(AutoCAD)で図面を描くイメージについて話をしてきました。

イメージということなので、いくつかの画像を交えながら、割と具体的な内容で説明をしたつもりです。

線を引いて図面を構成していくという2DCADのイメージは、何となくでも掴めたでしょうか。

例え斜めから見ると高さがないペラペラの状態であっても、図面としての表現はそれで充分なんです。

必要のない無駄を省くというのは、まあつまらない話ですけど、仕事の鉄則ではあります。

なので、図面として表現する為に必要な情報だけを入れ込む、というやり方は合理的と言えるでしょう。

さて、その一方でRevit(レビット)はどんな感じで作図をしていくのか、というのが今回のテーマです。

続きはこちらから »

オートキャド(AutoCAD)ではこうなる

今までの2DCADであれば、建物の壁を表現する際には、線分を引くコマンドを使用することになります。

私は昔からオートキャド(AutoCAD)を使って図面を描いてきましたが、線分コマンド「LINE」は本当によく使いました。

これは本当に手描きの時代を思い起こさせる考え方で、線をCADで作図するのか、自分の手で作図するのかという違いがあるだけの話。

だから何となく理解しやすかったのではないかと、ちょっと考え方の古い私はそう考えています。

でも、Revit(レビット)はそういう分かりやすい世界から、少しだけ離れた概念を持っているんです。

それが「要素」という考え方。

「要素」というのが正式な呼び方なのかは自信はないですけど、要するに壁や柱などの建物を構成するパーツという考え方です。

そうしたそれぞれのパーツを組み合わせて、建物をモデリングをしていく、という手順になります。

この違いを実際の図面でイメージしてみる、というのが今回の趣旨です。

続きはこちらから »

表現方法の大きな違い

Revit(レビット)は3DCADであり、その特徴として高さ情報をきちんとデータとして持っている。

そして、平面と断面で見えている壁は同じデータである為、移動をした際には平面図でも立面図でも移動される。

今まで書いてきたRevit(レビット)のメリットというのは、簡単に書くとこのようなものになります。

ただし、これは良いところだけを書いたものです。

この世の中、良いところだけを持っている人など多分いませんし、それはCADであっても同じ。

これらの良い部分を実現する為に、Revit(レビット)が手放さなければならなかった機能もある訳です。

このあたりの話をすると、きっとかなり長くなってしまうはずで、これはまた別のカテゴリで書くつもりでいます。

今回はそんなRevit(レビット)の特徴として「要素」という概念を持ったCAD、という部分を考えてみたいと思います。

続きはこちらから »

3Dモデリングをすることの効果

Revit(レビット)には、図面の整合性を高いレベルに保つ為に必要な機能が用意されています。

それを上手に活用して、今までマンパワーと時間を掛けていた作業を、Revit(レビット)にやってもらいたい。

前回はそんな話をしてきました。

ただ、Revit(レビット)がそうした特徴を持っているからと言って、オートキャド(AutoCAD)で出来ない訳ではなく……

もちろんオートキャド(AutoCAD)を使っている場合でも、高いレベルで図面の整合性を保つことは可能です。

ちょっと大変な作業になるかも知れませんが、それも実際にCADを動かす人のスキルにかかっている。

改めて書くと、ちょっと当たり前すぎて身も蓋もないですね。

続きはこちらから »

図面の整合をとる作業の重要性

平面図で作図した壁の位置を移動すると、断面図で表現されている壁の位置も移動される。

これが3DCADであるRevit(レビット)が持つ特徴で、高い整合性を持った図面を描くことが出来ます。

今までの2DCADでは、整合性を保つ為に人の力を注ぎ込んでいましたが、それをRevit(レビット)が代行してくれる訳です。

少し昔から考えると、もう夢のような話ですよね。

こういう「これを動かしたらこちらも必ず動く」みたいなルールを守るのは、人間よりもコンピュータの方が優れています。

人間は基本的に同じ事を完璧に繰り返すことが苦手で、繰り返す回数が増えれば増える程、ミスが多くなりますから。

でもコンピュータは、たとえ同じ処理を1000回繰り返しても、飽きることなく正確に処理を続けることが出来る。

こうした特徴を上手に使って、出来るだけ単純作業に人間の労力を費やさないようにしたいものです。

続きはこちらから »

このページの先頭へ