建物の完成イメージを共有する

Revit(レビット)に用意されている「レンダリング」という機能によって、建物をよりリアルに表現することが出来る。

これはBIM(ビム)という概念を実現する為に作られたRevit(レビット)が持っている、大きな武器のひとつと言えるでしょう。

レンダリングで作成するイメージは、3DCADが持っている特徴の中で、最も派手で分かりやすいもの。

だからこの特徴が前面に出やすい傾向にありますが、もちろんこれだけがRevit(レビット)の武器ではありません。

という話をもう少し後で詳しくやっていきたいと思っていますが、もうしばらくはレンダリングについて書いていきます。

レンダリングをすることによって、リアルな建物をRevit(レビット)上で表現することが出来るようになった訳ですが……

そこにはどんなメリットがあるのでしょうか。

仕事で使うツールですから、何らかのメリットがないと、手間をかけてまで利用することは出来ません。

そうなると、せっかくRevit(レビット)を覚えても、あまり使われないソフトになるという残念なことになります。

そうならない為にも、Revit(レビット)でリアルなパースを作成することが出来るメリットを。ここで確認しておきましょう。

続きはこちらから »

レンダリングが持つ特徴とは

Revit(レビット)が3DCADとして持っている、作成したモデルをリアルに表現する「レンダリング」と呼ばれる機能。

前回は簡単な例を挙げて、通常の3Dビューやカメラビューの見え方とどれくらい違うかについて説明をしました。

照明を配置したり、背景の画像をリアルにしたり、きちんと3Dモデリングされた家具を配置したり。

そうした手間をかければ、作成した3Dモデルが驚くほどリアルな画像に変わってくれるんです。

これは色々と大変な部分もありますけど、非常に楽しい仕事ではないかと、個人的には思っています。

何だかもの凄く「3Dをやってる!」っていう気分になりますよね。

地道な3Dモデリングをしている時も、同じくらい3Dをやってる訳ですけど、やっぱりレンダリングの方が楽しい気がします。

まあ実際には、細かく設定をして「レンダリング」ボタンをクリックしたら、後は待つことしか出来ないんですけどね。

ということで、今回はそんなレンダリング機能が持っている特徴について、いくつか説明をしてみたいと思います。

続きはこちらから »

レンダリングしたパースの例

Revit(レビット)を使って3Dモデリングをする際には、基本的に「3Dビュー」と呼ばれる空間を使います。

自分で作成したモデルがどのような形状になっているのか、確認しながらモデリングをすることが出来る。

これは単純にCADとして、使い勝手を考えて用意されている、非常に便利な機能ではないか。

と、ちょっと大げさかも知れませんが、そんなことを思っています。

まあ実際は3Dビューで確認しながら作業をしないと、どうすることも出来ない状態になる訳ですが……

今回はそんな3Dビューを一歩進めて、もう少しリアリティが欲しい場合に使う機能を紹介します。

続きはこちらから »

アイソメではなくパースが必要な場合

Revit(レビット)を使って建物を3Dで入力すると、視覚的に分かりやすい絵が簡単に表示出来ます。

3DCADが持っているその大きなメリットが、実際の画面ではどんな感じになるのか。

そのあたりを前回、前々回と何枚かの画像を交えて説明してみました。

30分程度で作成した建物を例にしましたから、「おお、これは!」という画像はないですけども。

もちろん本来の建築図面であれば、もっと細かい部分を検討する必要がありますから、作図にはもう少し時間がかかります。

でも、それはきっと2Dで図面を書いたとしても同じですから、ここで時間について詳しく書くのは止めておきましょう。

そうして簡単な建物を作成して、3Dビューに表示して、みたいなことを実際にやってみたら……

ちょっと簡単で適当な建物であっても、それなりに分かりやすい状態で見ることが出来る、ということが分かりました。

百聞は一見に如かず、ということで、画像を見れば何となくイメージが掴めるんじゃないかと思います。

このようにRevit(レビット)は、視覚的なイメージを簡単に表示するという便利な機能を持っているんですね。

しかし、Revit(レビット)が持っている機能は、何も「分かりやすさ」だけをメインにしたものだけではありません。

もっと「見た目」を重視した、正式な外観パース・内観パースを作成することも可能です。

ということで、今回はRevit(レビット)のレンダリング機能によるパースを取り上げてみましょう。

続きはこちらから »

縦断面と平断面を簡単に作成

Revit(レビット)の大きな特徴である「視覚的に分かりやすくて建物の完成型を簡単にイメージ出来る」という点。

これはあくまでもRevit(レビット)の特徴のひとつでしかありませんが、最も説明のしやすい項目ですね。

絵があるというのはそれだけでイメージが膨らみますから。

と言うことで、今回はもう少しだけ視覚的なイメージがしやすいという点について書いてみたいと思います。

外見のパースだけではなくて、中身も分かりやすく見せることが出来るという部分が今回のテーマです。

続きはこちらから »

このページの先頭へ