建物をイメージする為の例

BIM(ビム)の概念を実現する為のツールとして、Revit(レビット)でどんな事が出来るのか。

そんなテーマで、まずはRevit(レビット)が持っている「3Dイメージが簡単に出来る分かりやすさ」を挙げてみました。

3DCADとして立体的にデータを作成しているので、どんな角度から見てもちゃんと建物の形が形成されている。

これは3Dだから確かに当たり前の話なんですけど、これは最大のメリットでもあるので、ぜひとも活用したいところです。

「誰が見ても分かりやすい」というのは、やっぱりどう考えても強力な武器になりますからね。

せっかく高さ情報を盛り込んだモデリングをするんだから、造ったデータは有効に利用した方が得。

Revit(レビット)を使うのだから、そこまでセットで出来ると良いんじゃないかと思います。

ただ、前回はそうした言葉だけの説明で終わってしまいました。

説明する側としては、言葉で書くだけだから楽でしたけども、読む側にとっては分かりにくかったかも知れません。

ということで、今回は少し例を挙げてみようということで、画像を交えて説明をしてみたいと思います。

続きはこちらから »

イメージを膨らませる為に

Revit(レビット)を使って3Dモデリングをするメリットのひとつとして、まずは「分かりやすさ」が挙げられます。

建築のプロであれば、紙に印刷された図面を見ればどんな最終形になるかをイメージすることが出来ます。

でも、建物を建てようと考える方が全て、建築のプロであるはずはないので、2Dの図面だけでは分かりにくいんですよね。

だから完成イメージとしてパースとか模型を作成する訳です。

こうした中で、最も分かりやすい完成形のイメージは、やはりマンションのモデルルームではないでしょうか。

実際に同じ間取りの1戸を別の場所に造ってしまい、さらに家具まで配置をしてしまう、というのがモデルルームです。

そのマンションを購入しようか検討している人に見てもらい、イメージを膨らませてもらうのがモデルルームの目的。

マンション購入者のほとんどは、当然建築とは関係のない業務に就いている方で、建築的な知識がない方がほとんどです。

そうした方に、このマンションを購入すればこんな暮らしが出来る、という良いイメージを持ってもらうんです。

大抵の方は一生に一回の買い物になる訳ですから、未来の自分をイメージしないと不安になりますよね。

その不安を取り除いて、マンション購入の背中を押してくれるのがモデルルームなんです。

まあこれはかなり大掛かりな例ですけど、どんな建物でも完成予想図みたいなパースは作成すると思います。

施主にどんな建物になるかをイメージしてもらうのは、本当に大事なことですから、手間を掛ける価値は充分にあります。

続きはこちらから »

なぜパースや模型が必要なのか

図面だけが目的であれば、わざわざRevit(レビット)で3Dモデリングをする必要はありません。

今まで通りにオートキャド(AutoCAD)などで図面を描いていけば、それで業務としては問題ないですから。

だけど、もっと別のところでも3Dデータを利用するのなら、Revit(レビット)でモデリングをする価値は充分にあります。

BIM(ビム)という言葉の概念は、3DCAD上の空間に建物をそのまま構築し、それぞれの部材に必要な情報を盛り込むこと。

だから3Dモデリングをすることは必須条件ではあります。

でも、そもそも全ての建物にBIM(ビム)の考え方を適用するべきなのか、ということもまだ分かりません。

過渡期と思われる今現在は、3Dモデリングをする建物と、今までのやり方で終わらせる建物に分かれてしまう。

これはもう仕方がないことだと思っています。

続きはこちらから »

図面以外にも使い道がある

前回は、2DCADから3DCADへ移行していく段階で、プロが陥りやすい注意点について書いてみました。

いくら自分では気をつけているつもりでも、なかなか逃れることが出来ないような気が、個人的にはしています。

しかしだからと言って、注意をしない訳にもいかない、というのが難しいところじゃないでしょうか。

今までやってきたやり方にプライドを持つ。

これはプロとして非常に大切なことだと思いますし、当然のことですが、私もしっかり持っているつもりです。

でもそれに固執しすぎるのは危険です。

周囲の環境によって変わっていくものは、自分の想像を超えるものであっても、やっぱりある訳です。

出来るだけ新しいものを吸収する姿勢も、今までの積み重ねと同じくらいプロとして大事なことなのではないか。

ちょっと青臭いことを書いているな、という気もしますけど、私はそんな考えを持っています。

続きはこちらから »

熟練しているが故のこだわり

3Dパーツとして構築される部品が、CAD的な部分ではなく建築的な部分で情報を持っている。

これがBIM(ビム)の大雑把な概念になります。

その昔、図面を手で作図していた時代から、CADの時代になった時にも、図面に対する考え方が大きく変わりました。

そして二次元CADの時代から、少しずつ三次元CADの時代になっていくに従って、考え方がまた変わっていくでしょう。

それが具体的にいつ変わっていくのかは、私が断言できるような話ではありませんが、大きな流れではそうなっていくはずです。

もし図面に関わった仕事を続けるのなら、BIM(ビム)の考え方を理解しておいた方が有利かも。

先のことは分かりませんけど、概要でも知っているのと、全く知らないのとでは大きく違いますよね。

続きはこちらから »

このページの先頭へ