自動処理を人の力でフォロー

Revit(レビット)では、平面図で壁を移動すれば断面図にもその結果が反映されるようになっています。

だから修正モレが少なくなり、信頼度の高い図面を構築していくことが出来る、という部分が強力なメリットです。

ただし、壁芯とか文字などは3D要素ではない為、どのビューで壁を移動しても連動して動くことはありません。

ここまでは今まで説明してきた話で、ではそれを実際の業務で使う場合、どうすれば効率良くなるのか。

このあたりの話が今回のテーマになってきます。

CADとして、Revit(レビット)をどの程度使いこなして、実務を効率良くこなしていく。

これは今後もずっと出てくる話で、どんなCADにも当てはまる永遠のテーマと言えるんじゃないかな。

今回はその中で、特に図面の整合を取るためにどんな作業をすれば良いのかについて考えてみたいと思います。

続きはこちらから »

整合性をとる為の大事なポイント

Revit(レビット)の特徴である、平面図や断面図や3Dビューなどの高い整合性。

この便利な機能を充分に発揮する為には、なぜ連動して整合が取れるのかという話と、連動しない要素をしっかりと掴んでおく必要があります。

なぜ連動しないのか、という理由も当然知っておいた方が良いです。

仕組みさえ理解することが出来れば、後は実際に作業をする側に便利になるように、少しやり方を考えれば良いだけですから。

Revit(レビット)がどういう動きをするのか、という話を色々としている理由はそこにあります。

もちろんRevit(レビット)の操作的な話ではなく、機能的な問題である場合もあるので完璧とまでは言いませんが……

それでも、今現在用意されている機能の中で出来る限り便利に使う為には、特徴を掴んでやり方を考えるしかありません。

こうした地味な積み重ねは非常に大事なことだし、最後はこういう積み重ねで差が出るもの。

どうせ仕事でRevit(レビット)を使うのなら、他の人よりも上手く使いこなせる方が良いですよね。

続きはこちらから »

連動する要素としない要素と

Revit(レビット)で3Dモデリングしたデータが、平面図と断面図とで連動してくれる。

これが3DCADであるRevit(レビット)の大きな特徴であり、強力な武器でもある訳です。

しかし便利な機能の一方で、壁芯寸法や室名などの説明要素については完全に連動する訳ではない、という現実も。

前回はそのあたりの話をして、例としてサンプルの図面で壁を移動して検証してみました。

いくらRevit(レビット)でも、何から何まで連動して整合が取れる訳ではない、ということですね。

今回はその話の続きとして、具体的にどんな要素が連動して、どんな要素が連動しないのかを考えてみます。

それをしっかりと把握しておかないと、連動しない状態を解決することなんて出来ません。

それを掴んでおき、後はRevit(レビット)の自動機能に任せるのではなく、操作する側として工夫を重ねていく。

プロであれば、この工夫をどのようにやっていくかが大事なんじゃないか、などと個人的には思っています。

続きはこちらから »

平面図で壁を移動した状態では

Revit(レビット)で3Dモデリングをすると、自動的に断面図や平面図を作成してくれます。

が、自動で作成した断面図ではそのまま図面として使えない為、ある程度手間をかけて説明を加える必要があります。

平面で壁を移動すると断面でも壁が移動される、という図面の整合性がRevit(レビット)の特徴。

……という話を今までたくさんしてきました。

でも、そうして手間をかけて寸法などの要素を追加して図面を作成した後では、その整合性に問題が出る場合もあります。

それは具体的にどんな状態なのか、というのが今回のテーマです。

続きはこちらから »

自動断面作成と図面化の違い

Revit(レビット)で3Dモデリングをしたデータは、平面図でも断面図でも3Dビューでも整合される。

これがRevit(レビット)の大きな特徴なんです、という話を結構長く続けて来てしまいました。

不整合のない図面を作図する事がどれだけ大事なことか、建築の仕事に携わる方であればよく分かると思います。

そういう意味では、Revit(レビット)という3DCADが持っている可能性に期待しますよね。

ただしこの機能にはいくつかの問題点があります。

この特徴をしっかりと理解して作業しないと、あまり便利に使いこなすことは出来ない、というレベルの問題点が。

良い側面だけを見て「とても便利ですよ」と書くのは簡単ですけど、そういう話だけでは実際に役に立ちません。

メリットとデメリットを掴んでおいて、それらの特徴を踏まえてどうやって使いこなしていくのか。

これがプロに求められる事です。

だから良いことばかりここで書いてもあまり意味がないし、不便な部分もあるというのは実際に使えばすぐに分かることでもあります。

だからここでは、Revit(レビット)のあまり便利ではない側面についても紹介しておくことにします。

続きはこちらから »

このページの先頭へ