自動作成してくれるけど……

Revit(レビット)できちんと3Dモデリングをすると、その後はある程度自動的に断面図を作図してくれる。

前回はそんな内容の話をしてみました。

ついでに、自動で断面図を切ってくれる、という便利な機能が持っている問題点についても軽く触れました。

これについては、具体的に書けば書くほど、Revit(レビット)を使っている側からの苦情みたいなりそうで……

あまり愚痴みたいな話は役に立たないし、なによりつまらないのでヤメにしておこうかな、と。

そうした話をすると非常に長くなるし、このカテゴリの主旨である「図面の整合性」とは離れてしまうので、また別の機会に書くことにします。

あまり褒められた話じゃないんですけど、Revit(レビット)の問題点を書いていくと、かなり長いこと書くことが出来そうです。

もちろんこれは単純な文句という訳ではなくて、Revit(レビット)に期待をしていることの裏返しです。

全く期待してないソフトであれば、そもそも要望なんて出てきませんから。

なかなか思ったように話が進められませんけど、今回は3Dモデルから断面図を作成した具体例を出して話を進めます。

続きはこちらから »

自動で断面を作成してくれる

前回は、Revit(レビット)の3Dビューを利用して、建物の平面図と断面図がどのあたりで切断されるかを紹介しました。

このあたりの話は、建築関連の仕事をしている方にとってごく普通の話であって、何も驚くような内容ではありません。

でもRevit(レビット)の基本的な機能を紹介する為に、かなり基本的な話かも知れないけれど、あえて書いています。

だから「こんな当たり前のことばっかり書いてあって……」とか言わず、少しだけお付き合いをお願いしますね。

しかしこうした話というのは、分かりやすい言葉とか難しい言葉で色々と説明をするよりも、画像の方が分かりやすいですよね。

どんな言葉で書くのが分かりやすくて相手に伝わるのか、とか考えながら書いていくのは大変ですけど、楽しい作業でもあります。

それでベストな表現が出来ているかは別として、画像というのはそうした苦労を飛び越えて最強じゃないかと思います。

だから出来るだけ分かりやすさを重要視して、これからも積極的に画像を使って説明をしていければ、とか思ってます。

言葉を探して何度も書きなおすより、画像で分かりやすく説明をした方が楽な場合も多いです。

それで読む方に伝わりやすいのなら、まさに良い事ずくめですよね。

サンプルとして架空の建物を例に出すのが大変……

とか、そんな問題がない訳ではありませんけど、それでも分かりやすさには勝てませんから。

続きはこちらから »

3Dモデリングした後の状態で

図面の不整合を撲滅する為に、Revit(レビット)が持っている機能をどのように使うのか。

Revit(レビット)が2DCADと大きく違う概念を持っているのは、どのあたりなのか。

今回はこのあたりの話をしてきたいと思います。

ようやくここからRevit(レビット)の機能について、画面を交えて具体的な話をすることが出来ます。

少しばかりと言うか、かなりと言うか……前置きが長くなってしまいまってすみません。

操作方法などのテクニックを工夫して、どれだけ効率よく作業を進めることが出来るか、とか。

そういうテクニカルな話を、画像を添えながら具体的に説明していくのは、結構好きなんです。

でもその前段階として、このソフトにはこんな機能があって、こんな事が出来ますよみたいな、概念の話も好きなんですよね。

なかなか分かりやすくまとめるのが難しいんですけど、それはある程度の量を書いてからでも良いと思ってます。

だから話が長くなってしまいましたが、ここからはもう少し具体的に行きましょう。

続きはこちらから »

2DCADでは整合性がどうなるか

今まで何回かに分けて、建物を建てる際に作成する設計図の整合性がどの程度重要なのかを考えてきました。

基本的にそれぞれの図面が同じ情報を記載している、というのが大前提にある訳ですけど、これがなかなか難しい。

人間の手で完璧にそれを実行するのは、時間的にもコスト的にも、あまり現実的ではない場合も多いんです。

だから、Revit(レビット)を使って様々な図面の整合性をとっていきましょう、というのが当サイトの主旨です。

もちろんRevit(レビット)には整合性というメリット以外にも、視覚的な分かりやすさなどの武器もあります。

配置する3Dモデルに様々なパラメータを持たせることも出来る為、BIM(ビム)の概念を実現することも。

それと同じくらい重要な機能として、平面の壁と断面の壁が連動するという、図面の整合性が挙げられます。

これは3DCADであるRevit(レビット)の特徴と、一般的な2DCADの特徴の違いでもあります。

2DCADとRevit(レビット)の違いについては、今までも色々と書いてきた気もしますけど……

このカテゴリでは、改めて「図面の整合性」というテーマに沿って、それぞれの特徴を書いていきたいと思います。

続きはこちらから »

自動で連動することの価値

設計図を作図する段階で、様々な図面が不整合になってしまった場合、実際にはどんな状況になるのか。

まあ少々漠然とした表現になってしまいましたけど、前回はそんな感じのことを考えてみました。

建物を建てる際には、設計図をベースとして施工をする訳ですけど、それが不整合だと非常に困ります。

設計者としても、「こことここが違いますがどちらが正ですか」みたいなことを言われ続けることになって、あまり楽しくない状態です。

不整合な設計図は設計者の責任ではありますけど、毎回違いを指摘されるのはあまりいい気がしません。

もちろん質問をする側だって、そんなくだらないことを毎回質問するのはイヤだと思います。

でも、設計図が不整合なままだと施工側が大変になるし、設計者も自分が思ったような建物にすることが出来ないままに。

これでは誰もハッピーじゃないので、出来れば皆がハッピーになるようなやり方をしたいところですよね。

というような感じで、設計者も施工者も、極力図面の不整合が発生しないように出来るだけ気をつける。

これが、図面の整合性に気を遣う理由です。

続きはこちらから »

このページの先頭へ