Revit(レビット)でまとめるメリット

Revit(レビット)を使って設計図をまとめる際には、現実としてどのような問題点が発生するのか。

これを考える為に、まずは今まで2DCADで作図していた際はどうだったのかについて考えてきました。

Revit(レビット)になってどの程度便利になるのか、という話は、今までの現状を知らないと比較できませんから。

と言うことで……

2DCADで設計図をまとめる際には、膨大な図面がある中で、基本的には複数の人数での並行作業が発生します。

作図をしながら修正の検討をする場合も多く、作図が完了した時点でプランが少し古い可能性もある訳です。

それを最終的にきっちりまとめるのが設計者の役割なんですけど、時間的な制約の中で難しい場合もまた多い。

そうした理由から、様々な図面で不整合が存在する設計図が完成する、というのが2DCADを使った場合の問題点でした。

こうした3DCADの問題点が、3DCADであるRevit(レビット)によってどのように解決されるのか。

今回はそのあたりについて色々と考えてみたいと思います。

続きはこちらから »

大量の設計図をまとめる際に

2DCADを使って設計図をまとめる場合、大抵はどのような手順になるのか、という話を前回取り上げてみました。

まずは一般図から始めてしっかりとまとめていく、という当たり前すぎる話でしたが……

まあこれが王道と言えるやり方なので、ここで「え?そんな方法が?」みたいなやり方を書くことは出来ません。

プランがしっかりと決まっていないのに、建具のことを細かく考えたり展開図を作図したり。

そういう意表をついた手順をやってみると、どうしても無駄が発生するのがよく分かります。

やっている最中は頑張って進めている気分になりますけど、後で結局ほとんどやり直しになる可能性がある手順ではまずいですよね。

まずは建物の用途と大まかなプランを検討して、後から何度も動かしたりしないようなレベルにしておくことが大事です。

もちろん様々な要素を考えた結果として、後で何度も何度も変更になることは良くある話です。

そうした変更が大量に発生するのは、これから建てるその建物をより良くする為に、ある程度仕方がないこと。

そうではなくて、単なる設計の検討不足とかいう理由で変更を繰り返すのは、極力避けたいところです。

そうならない為にも、まずは全体のプランをしっかりと固めておく、という手順が一般的ではないでしょうか。

続きはこちらから »

2DCADで設計する際の流れ

Revit(レビット)が持っている機能を活用して、BIM(ビム)の考え方を実現していく。

これがRevit(レビット)を使うメリットであり、最終的な目的でもあります。

BIM(ビム)の考え方って具体的にどんなことなのか……

例えば建物を構成する全ての部材を、材料などの情報を入れ込んだ状態で配置して、それをパースで利用するとか。

周辺の道路などに対して、建物を建てた後で風の影響がどの程度出るのかをシミュレーションするとか。

あるいは、その建物を建てる為にはどのくらいの材料が必要なのか、その為にはどの程度の金額が必要なのかを知るとか。

さらには、建物が完成した後の維持・運用でも利用することが出来れば、本当に理想的な話ではないかと思います。

最近は特に、建物が周辺の環境に与える影響が注目されています。

サステイナブルデザインという言葉を最近耳にしますが、環境を壊すことなく建物が持続して存在出来るような設計、というようなニュアンスです。
(サステイナブル=持続性)

そうした環境を配慮した建物の設計では、BIM(ビム)を使って設計をするメリットが大きいんじゃないかと思います。

こうした理想的な状況をRevit(レビット)で実現していく為には、今現在やっている業務との違いを知っておく必要があります。

今回からは、今まで2DCADで行なっていた業務がRevit(レビット)ではどのように変わるか、という点を考えてみます。

続きはこちらから »

建物が完成した後の活用

Revit(レビット)の3Dモデリングが、2DCADとどの程度考え方が違うのか。

前回は実際にRevit(レビット)上で壁を配置して、線だけで表現している2DCADとの違いを比較してみました。

そうして配置した壁は、実際にどんな材料で厚みがどの程度なのか、などの情報を持っている訳です。

更に細かく情報を入れる場合には、メーカー名とか販売代理店の連絡先とか、そういった情報を入れることも可能です。

ちょっと大雑把な説明ではありますが、これがBIM(ビム)の基本的な考え方なんです。

建物の壁だけでは、情報を持っていますと言っても大した話ではないので、ここではもう少し別の話をしてみたいと思います。

続きはこちらから »

Revit(レビット)で壁を配置すると

2DCADで建物の図面を作図した場合、基本的には壁や柱の表現を全て線分で表現することになります。

だから壁と言っても、厚さなどの属性を持たない2本の線があるだけで、実際の壁がそこに存在する訳ではありません。

このシンプルな手描き感覚に近い作図手順こそが、2DCADの大切なメリットと言えるでしょう。

ただしそのシンプルさが、BIM(ビム)を実現する為に役立つかは非常に微妙な状態なんです。

BIM(ビム)の考え方では、配置した壁に材料などの情報を入れ込んでおく必要があります。

でも、2DCADではそもそも「壁」という要素がない為、情報を入れる相手が存在せず、BIM(ビム)の概念が成り立たちません。

BIM(ビム)の概念を実現する為には、2DCADのやり方では不十分、という話を前回はしてみました。

では、3DCADではどうなのか、という話を今回はしてみます。

続きはこちらから »

このページの先頭へ