2DCADでBIMが出来ない理由

BIM(ビム)という言葉の中で最も重要な要素である「情報」とは、一体どのような情報を指すのか。

前回はそんな話を少し具体的にしてみました。

建物を構成する柱や壁など、それぞれのパーツがどのような材質で出来ているか、という情報を持っている。

これがBIM(ビム)という概念では重要で、CADを便利に活用する為に必要な情報とは少し違う、という話でした。

例えば画層などの情報を持っていたとしても、それは単純にCADの操作として必要な情報でしかありません。

まあ画層がないとCADとしては不便ですけど、建物を実際に構成している部材などとは関係ありません。

そういう意味では、線が画層などの情報を持っていてもBIM(ビム)とは意味が違うということになる訳です。

今回はそのあたりの話を踏まえ、BIM(ビム)の概念を実現する為にはなぜ3DCADが必要なのかについて書いてみます。

続きはこちらから »

情報を持っているという意味

前回は手始めにということで、BIM(ビム)という言葉の簡単な説明をしてみました。

建物が様々な情報を持った状態で、CADの空間内に立体的に作成されている、という感じですね。

この「情報を持った」というところが、BIM(ビム)という概念の最も肝心な部分なんです。

今はBIM(ビム)という言葉がある程度浸透している為、勘違いする方はそれほど多くないかも知れませんが……

少し前だと、単純に3DCADを使って建物を立体的に作成することがBIM(ビム)だと考える方が結構いました。

確かにBIM(ビム)の概念を実現するためには、3D空間上にモデリングをすることが前提条件になります。

しかしそれは最低条件でしかありません。

どれだけ細かく3Dモデリングした建物であっても、そのモデルに情報が入っていないければBIM(ビム)の概念を実現しているとは言えません。

これは初歩的な話ではありますが、割と勘違いしやすいことなので、最初に覚えてしまうことをお勧めします。

続きはこちらから »

BIM(ビム)の概要について

このカテゴリでは、BIM(ビム)の概念についてもう少し深く考えてみたいと思っています。

Revit(レビット)という3DCADを使い、BIM(ビム)という理想的な概念を実現してく。

これがスムーズに実現出来れば最高なんですけど、実現する為に解決しなければならない問題は結構あります。

問題のレベルは、CADの操作的な話から建築業界の成り立ちに関するものまで様々です。

そうした深い問題をこのサイトで書いても、それが直接解決に向かう訳ではないんですけど……

建築業界でRevit(レビット)に関わるユーザーとして、とりあえず解決すべき問題をまとめて置きたいと考えています。

今後どのようにBIM(ビム)という概念が進化していくのかは、ここで挙げる問題をどのように解決していくかにかかってる。

そんな思いを持ってます。

Revit(レビット)には、CADとしての機能もそうですが、その概念も含めてもっともっと進化して欲しい。

仕事でRevit(レビット)に関わる一人のプロとして、そんな期待を込めつつ色々と書いていきます。

続きはこちらから »

このページの先頭へ