CADデータは無料ではない

Revit(レビット)をフルに活用して設計図をまとめた場合でも、他のCADへのデータ受け渡しをする場面は結構多いです。

例え、3Dモデリングからパース、数量拾いや図面作成までを完全にRevit(レビット)でやり切ったとしても。

いや、それらをやり切るくらいしっかりとモデリングした場合の方が、データを求められる割合は多いかも知れません。

こうしてデータをやり取りするのは、CADの時代になってからごく自然に行われてきたことです。

だから、時代が2DCADから3DCADに移ったとしても、他のCADへのデータ変換はなくなることがないはずです。

せっかくRevit(レビット)で3Dモデリングをしたのに、誰からもデータを欲しがられないのも寂しい話ですよね。

そんな気持ちもあるので、2DCADで読み込める形式でデータが欲しい、という話があったら、積極的に渡すことをお勧めします。

データを渡すことによって、紙の図面では読み取ることが出来ない情報を読み取って精度の高い仕事が出来たりします。

また、正確に作図された設計図データを利用することによって、施工段階で単純ミスの減少につながります。

まあ施工段階でミスをしないようにする、という話は、施工する側の責任による部分が大きいです。

だから、設計図のデータがないと間違えやすいです、ではちょっと情けない話ではありますけど。

続きはこちらから »

データ連携について考える

Revit(レビット)を使って設計図をまとめる際、実際の業務で問題になるのはどんなところなのか。

そんなテーマで今まで色々と書いてきましたが、とりあえず以下の項目の上3つについては少し詳しく説明することが出来ました。

・モデリングするデータは常に1つである

・CADとしての製図機能がまだまだ足りない

・どこで切ってどう見せるかの融通が利かない

・他のCADへの書き出しが綺麗に出来ない

まだまだ発展途上の3DCADですから問題があるのは当たり前で、文句ばっかり言っても先に進まないという話はあります。

ただ、問題点を抽出しないと解決もしないという事実もあるので、実際に業務で使っている側の意見として色々と書いている訳です。

本当なら、こうして問題点を提示した後で「こんなやり方をすれば完全に解決ですよ」と続きたいところですけど……

現実問題として本当に機能がない場合もあったりして、なかなか思うように図面化が出来ない、というのが現状ではないかと思います。

続きはこちらから »

図面の表現に時間がかかる現状

Revit(レビット)で3Dモデリングしたデータを利用して、平面図や断面図などの図面化をする場合の問題点。

このあたりの話を今まで色々と取り上げてきて、前回は断面図を作成する際の処理について考えてみました。

断面を切る場所の指定が機械的になってしまう為、少しでもそのラインから外れた要素が表示されない、という話です。

ちょっと地味な話で、実際にRevit(レビット)を使っていない方には今ひとつピンとこないかも知れません。

でも実際にRevit(レビット)を使って図面をまとめる際には、これがじわじわと効いて来るんです。

そして、そうした表示を調整して分かりやすくする為に、かなりの時間と手間が必要になる場合が多い。

これが困るんですよね。

3Dモデルを利用してある程度自動で図面化出来る為、文字や寸法を入れるだけの状態になって省力化になる。

これがRevit(レビット)の強みであり、目指すべき状態であるのに、なかなか思うようには動かない訳ですから。

せっかくある程度まで自動で図面化出来るのに、「説明したい要素がうまく表示出来ない」というのは非常に勿体ないですよね。

続きはこちらから »

レベルが違う要素の表現

Revit(レビット)で3Dモデリングしたデータから、図面を作図する為に平面や断面を抜き出す。

その抜き出した併談面や縦断面に対して、改めて寸法や文字などを書き込んで図面としてまとめていく。

これがRevit(レビット)を使った場合の基本的な流れですが、断面を抜き出す部分の動きにはまだ課題が多い状態です。

3Dモデルから断面図を作成する際に、どの位置やレベルで断面を作図するのか、微調整が非常に難しい……

微調整というか、例外的に表示させたい部分などがあった場合に、出来ないことはないけど非常に手間がかかるんです。

これが、コンセプトだけを見ると非常に便利そうなのに、実際にやってみると時間がかかる要因のひとつです。

まあこうした技術的な問題は、解決策を見つけて解決していく、というシンプルな手順で消えていく訳ですが。

今回はもう少し具体的に「実際のところ、こういう場合に困る」という話をしてみたいと思います。

続きはこちらから »

3Dモデルから図面化の問題点

Revit(レビット)では、3Dモデリングデータから平断面や縦断面を作成し、そこに文字や寸法を入れて図面をまとめていきます。

3Dモデリングさえきちんとやっておけば、パースにも活用できるし数量も拾えるし、図面でも活用出来る。

もう良いことばかりの状態になって最高に便利!

というのがRevit(レビット)のコンセプトであり、目指しているレベルなのだと思います。

今まで使ってきた2DCADに比べると、Revit(レビット)というのは非常に可能性を感じさせるツールですよね。

少なくとも私はそう感じていますが、しかし……

最初からそんなに都合よく行くはずもなくて、現状では問題点が色々と出てくる状態でもあります。

図面として活用する際には「どこで断面を切るか」の融通が利かないから、図面の表現に苦労することが結構多い。

前回はそのあたりの問題点を紹介しましたが、今回はもう少し具体的に説明してみたいと思います。

続きはこちらから »

このページの先頭へ