断面を切る際の融通について

前回は少し話が逸れてしまいましたが、引き続きRevit(レビット)で設計図をまとめる際の問題点について書いていきます。


・モデリングするデータは常に1つである

・CADとしての製図機能が不親切

・どこで切ってどう見せるかの融通が利かない

・他のCADへの書き出しが綺麗に出来ない


これらの項目の中で、上の2つは少し詳しく、時には脱線しながらも説明をしてきました。

今回はその続きと言うことで、図面を作図する際にどのような見せ方をするか、というあたりの問題点を紹介します。

続きはこちらから »

要望をメーカーに伝える意味

Revit(レビット)が持っている機能と、代表的な2DCADであるAutoCADを比較してみると……

概念はともかくとして、純粋なCADの機能としては、まだRevit(レビット)が劣っている部分が多い、というのが現実です。

このあたりの不足している機能、出来れば実装して欲しい機能に関しては、別のカテゴリで細かく書いていくつもりです。

なので、ここで細かい話は止めておきますね。

ただ、Revit(レビット)がそのような状況だから、図面をまとめるのに苦労をすることが多い。

これは現実問題として無視できない状態ではないかと思っています。

もちろんRevit(レビット)をどんどん使っていくことで、操作に慣れて無駄が減っていくということもあるでしょう。

でも無駄が減る以前の問題として「そうした機能が今のところは用意されていない」という状況がある訳です。

正直これはキツイです。

これは今後バージョンアップしていくことによって、少しずつ解決していくことをユーザーとして大いに期待しています。

続きはこちらから »

3DCADとして足りない部分

Revit(レビット)は、1つのプロジェクトファイルを複数の人が同時に編集出来る「ワークセット」という機能を持っています。

少々設定が面倒だという部分もありますけど、1人で完全にモデリングから図面化まで出来る訳はないので、非常にありがたい機能です。

「ありがたい」は少し控えめな表現で、実際には「これの機能がないと仕事にならない」種類と言った方が正解に近いですね。

ただ、そこにはいささか問題点もあります。


・共有サーバ上にデータを載せる為、動きが遅くなりがち

・1人の不慣れな作業者に足を引っ張られる可能性もある


1つのファイルをみんなで編集する場合、1人がおかしな操作をした影響を皆が受ける可能性があります。

その影響が重大にならないように、編集できる範囲を決める訳ですが、やはり時には思いもよらない状態になることも。

まあこのあたりの話は、2DCADでも同じですけどね。

自分の作図した図面を人に修正してもらったら、外部参照などが全部バインドされていたとか。

修正してもらったデータを見て、「分からないなら余計なことをするなよ……」と思うようなことも時々ありますよね。

こうした技術的は話は今回深く突っ込まないでおいて……

Revit(レビット)で設計図をまとめる際に。どんな問題点があるのかの続きを進めたいと思います。

続きはこちらから »

1つのファイルを同時に修正

Revit(レビット)で3Dモデリングをする際には、基本的に1つの図面データで作業をしていく場合が多いです。

フロアごとにデータを分けたり、構造体と仕上でデータを分けたりして、お互いをリンクしあうようなやり方もありますが……

複雑なリンクで構成していくと、分かりにくくなってしまうというデメリットがあって結構大変になってしまいます。

それぞれにメリットがあるので、ここで「こうしたやり方が良いですよ」と言えないのがツライとことです。

正直なところを書くと、私も今現在、どんなデータの構成がベストなのかを模索している段階ですから。

いくつかやってみた中では、1つのデータで作業を進めるのが一番しっくりするかな、という感想を持っています。

そうした方が全体像が掴みやすいですし、モデリングをする側としても余計なことを考えなくて済む、というのが良いですね。

ただしその反面、複数の人数で1つのCADデータを編集するのが大変、というデメリットもあって、なかなか比較が難しい。

今回は、仮に1つのCADデータでモデリングをした場合、どのように複数の人数で作業していくのかについて考えてみます。

続きはこちらから »

1つのデータで進める場合

Revit(レビット)を使って設計図をまとめると、図面の整合性が保ちやすくなるというメリットがあります。

また、モデリングデータをパースに利用することが出来たり、数量を拾うことが出来たりと、可能性は広がるばかり。

ただしその代償として、Revit(レビット)を使って設計図をまとめる際には、いくつかの問題点があります。


・モデリングするデータは常に1つである

・CADとしての製図機能が不親切

・どこで切ってどう見せるかの融通が利かない

・他のCADへの書き出しが綺麗に出来ない


なんだか文句と言うか、苦情みたいな内容ばかりですけど、問題点を箇条書きしていけばそんな感じになりますよね。

ただ、問題点を箇条書きで並べただけでは、具体的にどんな問題点があるのかが分かりにくいです。

そうした理由から、今回はそれぞれの項目についてもう少し詳しく書いていくことにします。

「BIM(ビム)も問題点」というカテゴリとは少し違ってきて、最初に書きたかった内容とは少し違いますが……

なかなか思ったような話の展開にならないですね。

続きはこちらから »

このページの先頭へ