図面化をする際の問題点

Revit(レビット)で設計図をまとめる場合、図面を作図する作業の前に3Dモデリング作業が発生します。

きちんと3Dモデリング作業をやっておくと、後々まで利用価値があるデータになることは間違いありません。

これがRevit(レビット)の強力な武器だから、出来るだけきっちりとモデリングをしたいところです。

でも、プロジェクトを開始したばかりの忙しい時期に、3Dモデリングだけに専念するのが難しい場合も多いです。

どこまで最初に手間をかけて3Dモデリングをするのか。

これがRevit(レビット)を使って設計をする上で、割と重要なファクターになるような気がしています。

もちろん、理想的な話だけをすれば「最初にきちんとモデリングするのは当然のことではないか」ってなるんですけど。

でも実際の業務ではそれが難しくて、中途半端なモデリングデータになってしまうことも多いと思います。

私が圧倒的にRevit(レビット)を使いこなしていないだけで、もしかしたら他の方はきちんと活用している可能性もありますが……

まあその可能性には目をつぶっておきます。

今回は、3Dモデリングをした後で図面化をする際の問題点がどのあたりにあるのか、という話について色々と考えてみたいと思います。

続きはこちらから »

2DCADとの比較を考える

Revit(レビット)を使って設計をした場合、3Dモデリングと図面化という大きな2つの流れがあります。

3Dモデリングしただけでは図面にはならないので、図面としてきちんとまとめていく必要がある訳です。

これらの手間を考えると、今まで使ってきた2DCADに比べると、どうしても時間と手間がかかる傾向にある。

というのが前回の話でした。

もちろん時間と手間を掛けて作成した3Dモデリングデータは、様々なシーンで活用されていくでしょう。

例えばパースを作成する為に利用されたり、大まかな数量を拾う為に利用されたりと、用途は様々です。

それを考えると、単純に設計図をまとめるという作業だけにフォーカスして比較するのはフェアじゃない。

そんな気がしてきます。

でも、そうしたRevit(レビット)の特徴を知っておくことも、使いこなす為には必要になってきます。

ということで、今回は設計図をまとめる際の、2DCADとRevit(レビット)の違いについて考えてみたいと思います。

続きはこちらから »

3Dモデリングだけでは足りない

Revit(レビット)を使って3Dモデリングをすると、自動的にお互いの図面で整合を取ってくれます。

例えば平面図で壁を移動したら、断面図でも壁だけは移動してくれるとか、そうしたメリットを生かすと非常に便利。

というあたりの話を前回は取り上げてみました。

2DCADで設計図をまとめるのと比較すると、各図面の整合性という点から見れば、Revit(レビット)は優れたCADと言えるでしょう。

もちろん作図する人のスキルによって変わる部分があって、それが結構大きいことは承知してます。

でも、どちらが優れているかと言えば、やはりRevit(レビット)という結論になるんじゃないかな。

2DCADもRevit(レビット)も使ってきたユーザーである私は、そのような意見を持っています。

ただし、設計図で大事なのは何も「整合性」だけではありません

様々な要素を総合的に考えて、少しでも優れたツールを使う、というのが仕事の基本的な考え方ですよね。

整合性が優れたRevit(レビット)だから完璧、という訳ではないので、今回はそのあたりの話をしてみたいと思います。

続きはこちらから »

Revit(レビット)でまとめるメリット

Revit(レビット)を使って設計図をまとめる際には、現実としてどのような問題点が発生するのか。

これを考える為に、まずは今まで2DCADで作図していた際はどうだったのかについて考えてきました。

Revit(レビット)になってどの程度便利になるのか、という話は、今までの現状を知らないと比較できませんから。

と言うことで……

2DCADで設計図をまとめる際には、膨大な図面がある中で、基本的には複数の人数での並行作業が発生します。

作図をしながら修正の検討をする場合も多く、作図が完了した時点でプランが少し古い可能性もある訳です。

それを最終的にきっちりまとめるのが設計者の役割なんですけど、時間的な制約の中で難しい場合もまた多い。

そうした理由から、様々な図面で不整合が存在する設計図が完成する、というのが2DCADを使った場合の問題点でした。

こうした3DCADの問題点が、3DCADであるRevit(レビット)によってどのように解決されるのか。

今回はそのあたりについて色々と考えてみたいと思います。

続きはこちらから »

大量の設計図をまとめる際に

2DCADを使って設計図をまとめる場合、大抵はどのような手順になるのか、という話を前回取り上げてみました。

まずは一般図から始めてしっかりとまとめていく、という当たり前すぎる話でしたが……

まあこれが王道と言えるやり方なので、ここで「え?そんな方法が?」みたいなやり方を書くことは出来ません。

プランがしっかりと決まっていないのに、建具のことを細かく考えたり展開図を作図したり。

そういう意表をついた手順をやってみると、どうしても無駄が発生するのがよく分かります。

やっている最中は頑張って進めている気分になりますけど、後で結局ほとんどやり直しになる可能性がある手順ではまずいですよね。

まずは建物の用途と大まかなプランを検討して、後から何度も動かしたりしないようなレベルにしておくことが大事です。

もちろん様々な要素を考えた結果として、後で何度も何度も変更になることは良くある話です。

そうした変更が大量に発生するのは、これから建てるその建物をより良くする為に、ある程度仕方がないこと。

そうではなくて、単なる設計の検討不足とかいう理由で変更を繰り返すのは、極力避けたいところです。

そうならない為にも、まずは全体のプランをしっかりと固めておく、という手順が一般的ではないでしょうか。

続きはこちらから »

このページの先頭へ