2DCADで設計する際の流れ

Revit(レビット)が持っている機能を活用して、BIM(ビム)の考え方を実現していく。

これがRevit(レビット)を使うメリットであり、最終的な目的でもあります。

BIM(ビム)の考え方って具体的にどんなことなのか……

例えば建物を構成する全ての部材を、材料などの情報を入れ込んだ状態で配置して、それをパースで利用するとか。

周辺の道路などに対して、建物を建てた後で風の影響がどの程度出るのかをシミュレーションするとか。

あるいは、その建物を建てる為にはどのくらいの材料が必要なのか、その為にはどの程度の金額が必要なのかを知るとか。

さらには、建物が完成した後の維持・運用でも利用することが出来れば、本当に理想的な話ではないかと思います。

最近は特に、建物が周辺の環境に与える影響が注目されています。

サステイナブルデザインという言葉を最近耳にしますが、環境を壊すことなく建物が持続して存在出来るような設計、というようなニュアンスです。
(サステイナブル=持続性)

そうした環境を配慮した建物の設計では、BIM(ビム)を使って設計をするメリットが大きいんじゃないかと思います。

こうした理想的な状況をRevit(レビット)で実現していく為には、今現在やっている業務との違いを知っておく必要があります。

今回からは、今まで2DCADで行なっていた業務がRevit(レビット)ではどのように変わるか、という点を考えてみます。

続きはこちらから »

建物が完成した後の活用

Revit(レビット)の3Dモデリングが、2DCADとどの程度考え方が違うのか。

前回は実際にRevit(レビット)上で壁を配置して、線だけで表現している2DCADとの違いを比較してみました。

そうして配置した壁は、実際にどんな材料で厚みがどの程度なのか、などの情報を持っている訳です。

更に細かく情報を入れる場合には、メーカー名とか販売代理店の連絡先とか、そういった情報を入れることも可能です。

ちょっと大雑把な説明ではありますが、これがBIM(ビム)の基本的な考え方なんです。

建物の壁だけでは、情報を持っていますと言っても大した話ではないので、ここではもう少し別の話をしてみたいと思います。

続きはこちらから »

Revit(レビット)で壁を配置すると

2DCADで建物の図面を作図した場合、基本的には壁や柱の表現を全て線分で表現することになります。

だから壁と言っても、厚さなどの属性を持たない2本の線があるだけで、実際の壁がそこに存在する訳ではありません。

このシンプルな手描き感覚に近い作図手順こそが、2DCADの大切なメリットと言えるでしょう。

ただしそのシンプルさが、BIM(ビム)を実現する為に役立つかは非常に微妙な状態なんです。

BIM(ビム)の考え方では、配置した壁に材料などの情報を入れ込んでおく必要があります。

でも、2DCADではそもそも「壁」という要素がない為、情報を入れる相手が存在せず、BIM(ビム)の概念が成り立たちません。

BIM(ビム)の概念を実現する為には、2DCADのやり方では不十分、という話を前回はしてみました。

では、3DCADではどうなのか、という話を今回はしてみます。

続きはこちらから »

2DCADでBIMが出来ない理由

BIM(ビム)という言葉の中で最も重要な要素である「情報」とは、一体どのような情報を指すのか。

前回はそんな話を少し具体的にしてみました。

建物を構成する柱や壁など、それぞれのパーツがどのような材質で出来ているか、という情報を持っている。

これがBIM(ビム)という概念では重要で、CADを便利に活用する為に必要な情報とは少し違う、という話でした。

例えば画層などの情報を持っていたとしても、それは単純にCADの操作として必要な情報でしかありません。

まあ画層がないとCADとしては不便ですけど、建物を実際に構成している部材などとは関係ありません。

そういう意味では、線が画層などの情報を持っていてもBIM(ビム)とは意味が違うということになる訳です。

今回はそのあたりの話を踏まえ、BIM(ビム)の概念を実現する為にはなぜ3DCADが必要なのかについて書いてみます。

続きはこちらから »

情報を持っているという意味

前回は手始めにということで、BIM(ビム)という言葉の簡単な説明をしてみました。

建物が様々な情報を持った状態で、CADの空間内に立体的に作成されている、という感じですね。

この「情報を持った」というところが、BIM(ビム)という概念の最も肝心な部分なんです。

今はBIM(ビム)という言葉がある程度浸透している為、勘違いする方はそれほど多くないかも知れませんが……

少し前だと、単純に3DCADを使って建物を立体的に作成することがBIM(ビム)だと考える方が結構いました。

確かにBIM(ビム)の概念を実現するためには、3D空間上にモデリングをすることが前提条件になります。

しかしそれは最低条件でしかありません。

どれだけ細かく3Dモデリングした建物であっても、そのモデルに情報が入っていないければBIM(ビム)の概念を実現しているとは言えません。

これは初歩的な話ではありますが、割と勘違いしやすいことなので、最初に覚えてしまうことをお勧めします。

続きはこちらから »

このページの先頭へ