シンプルな概念の代償として

2DCADでは特に高さ情報を意識しなくても、線を組み合わせてどんどん製図を進めることが出来ます。

だからと言って、高さ情報を意識していない訳ではなく、きちんと考えて作図をしていますが……

結局は製図をする人の頭の中でしかそうした高さ情報は展開されず、図面にその情報が全て盛り込まれる訳ではありません。

高さ情報を入力する項目があるRevit(レビット)との大きな違いは、そのあたりにある訳です。

このあたりの話が前回の主旨でした。

今回はオートキャド(AutoCAD)などの2DCADで作図をする場合の特徴について考えてみます。

その後で、Revit(レビット)の特徴と比較をしてみますが、まずは2DCADの特徴を調べてみましょう。

続きはこちらから »

3DCADと2DCADの概念

Revit(レビット)という3DCADを使う際には、高さ情報を考えながら作図をすることが求められます。

部材の高さを与えながら作図していき、コンピュータ上に実際の建物を構築していく訳です。

オートキャド(AutoCAD)などの2DCADでは、図面を作図する作業をそのまま「製図」と呼びます。

英語で言えば drawing で、要するに「製図」などの意味を持った作業ということになります。

しかしRevit(レビット)では、 drawing というよりも modeling と呼ぶことの方が多いです。

modeling という単語はカタカナで「モデリング」であり、「造形」などの意味を持った言葉です。

実際にRevit(レビット)を操作しているとよく分かりますが、やっていることは確かに図面を描く行為とは少し違う感じ。

3D情報を持った部材を組み合わせていくという作業は、図面を描いているという感覚とは言えないかも知れません。

今回はそうした3Dモデリングと、2DCADで図面を描く際に高さはどう扱っていくかについて考えてみます。

続きはこちらから »

3DCADで作図した場合

2DCADとRevit(レビット)の違いということで、まずは2DCADで図面を作図した場合について前回は考えてみました。

X軸とY軸だけで構成された図面は、平面的に見れば特に問題なく機能しますが、斜め上から見ると……

 

2DCADで作図した場合

 

という感じになっていて、全く高さ情報が与えられていない状態で作図していることが分かります。

でもこれが2DCADの標準的な作図であり、図面だけで考えればそれで充分に役割を果たすんです。

図面を描くという行為は仕事ですから、必要とされない作業をすることは無駄という考え方をします。

効率化は仕事をする上で非常に重要な概念です。

その考え方では、例え建物がペラペラの状態でも、図面としての役割を果たしていれば問題ない、ということになる訳です。

どうせ図面というのは紙に印刷をして使いますから、ペラペラであっても立体的であっても同じなんですよね。

続きはこちらから »

平面だけの情報だとどうなるか

2DCADの代表であるオートキャド(AutoCAD)などに比べ、Revit(レビット)は多くの機能というか設定を持っています。

だから初心者の方に「まずは自分で好き勝手に操作をしてみましょう」と言っても、なかなか出来ないという問題があります。

言う方としてはその方が全然簡単なので、そういうやり方で覚えて欲しいところではあるんですけど……

まずは一通りの説明をして、一緒に操作をしながら教えた方が、結局は効率が良いような気がしています。

Revit(レビット)の操作を教えるのは、早く覚えて戦力になって欲しいという目的があるから。

そこのレベルに達するのに時間がかかるようだと、教える側としても困るので、出来るだけ効率の良いやり方を選びたいところです。

とは言え、なかなか2DCADとは勝手が違うRevit(レビット)には、結構苦しめられるかも知れません。

と言うことで、今回からはそうした苦労が出来るだけ少なくなるように、Revit(レビット)の特徴について書いていこうと思っています。

何回か前に書いたように、一般的な2DCADと比較しながら話を進めていくつもりです。

続きはこちらから »

最初から戸惑うRevit

Revit(レビット)と2DCADの違いということで、今回は「どうやって教えるかの違い」を考えてみたいと思います。

CADの種類によって教え方の違いなんてあるのか、と思われるかも知れませんけど、確かにあるんです。

少なくとも、私が今まで経験してきた中では、ですけど。

続きはこちらから »

このページの先頭へ