メニュー表示に必要なスペース

Revit(レビット)をスムーズに使う為には、ある程度大きなディスプレイで作業するが大事。

前回はそんな内容の話で、もう少し具体的には「24インチワイドディスプレイ」程度がお勧めでした。

あまり話には関係ありませんけど、私も仕事では24インチワイドのディスプレイを使用しています。

安かったという気持ち的な問題もあるかも知れませんけど、なかなか便利に使わせてもらっています。

まあ、だからこそ具体的な数字を出してお勧め出来る訳ですけども。

その程度のサイズがあれば、コストパフォーマンス的にも良いんじゃないか、という感じの話をしてきました。

その中では、大きめのディスプレイが必要な理由として、画面に表示させておきたいメニューが多い、という点を挙げています。

今回取り上げてみたいのが、ここで出てきた「画面に表示させておきたいメニュー」とは何か、です。

続きはこちらから »

カテゴリー:周辺機器

なぜ大サイズが必要なのか

Revit(レビット)を実際に操作するパソコンには、出来るだけサイズの大きなディスプレイを設置した方が良いです。

この意見は、実際に操作をしたことがある方なら、何となく理解して頂けるんじゃないかと思います。

最近は大きめのディスプレイであっても、かなりお求めやすい価格で購入することが出来るようになりました。

だけど、極端に大きいディスプレイを選択すると、やっぱりどうしても値段が張ることが多いです。

ある程度のスペックを超えたあたりで一気に値が上がるというのは、パソコンと全く同じ話です。

ただしパソコンほど大きな値段の差は出にくいですから、ここにコストを掛けても良いんじゃないかという気もしますが……

ここでも出てくるのが、コストパフォーマンスという考え方です。

ディスプレイの大きさと操作性と値段のバランスを考えると、普通のサイズに比べると大きい、という程度のタイプでも構わないのではないか。

ちょっと価格に敏感になりすぎているような気もしますけど、これは非常に重要な要素なので仕方がないと思います。

続きはこちらから »

カテゴリー:周辺機器

ディスプレイの大きさについて

このカテゴリでは、Revit(レビット)を仕事で使う為の環境、というテーマで色々と考えて来ました。

なるべく効率良く仕事をする為には、ある程度良好な作業環境を整えておく必要がある。

今まで色々な環境で仕事をしてきた私としては、そうした自分自身の体験から、そう確信しています。

だからこそ、Revit(レビット)を使う際にはパソコンの性能を気にしましょうという話をする訳です。

もちろん良い環境を求め過ぎるとキリがないという話もあって、コストと相談しながらの検討にはなりますが……

しかしそうした話はビジネスとして当然のことですよね。

必要となるコストに対して、一体どの程度のリターンが見込めるのか、というのを考えるのは、仕事なら当たり前。

だって、それはあくまでも仕事な訳であって、少なくとも遊びでやっている訳ではないですから。

続きはこちらから »

カテゴリー:周辺機器

ハードディスクはどの程度か

Revit(レビット)を仕事で使う為に、パソコンのスペックはどの程度必要なのか。

こうした記事は、書いている時期からある程度時間が経つと、全然的はずれな内容になってしまいます。

それ避ける為、あまり具体的な数字を出さないという逃げ腰の記事を書いている訳ですが……

少なくとも、その時期に販売されているパソコンの平均的な能力を超えたスペックが必要になります。

それだけは間違いのない事実ですので、パソコン購入を検討する際には、充分に注意をして頂ければと思います。

どの程度パソコンに対してお金を掛けるか、というスタンスは人それぞれ、というか会社によって違います。

ただしいくつかある考え方の中には、「安ければ何でもOK」という考え方はありません。

これだけは確実ですから、もしパソコンの購入を考えているのなら、気にとめておくことをお勧めします。

続きはこちらから »

カテゴリー:周辺機器

高額なグラフィックボードの例

3D関連の演算をする際に威力を発揮する、グラフィックボードの性能をどう考えるべきなのか。

ちょっと判断が難しいところですけど、Revit(レビット)を使うのなら、まずは搭載しない選択肢はありません。

その上で、どんなスペックのモノを搭載するかを考える訳ですけど、これが非常に難しいです。

それは何故かというと、最高峰のグラフィックボードは本当に高いから。

なので、グラフィックボードを考える際には、CPUを考える時以上に財布と相談をする必要があると思います。

書くだけなら気楽なんですけどね。

続きはこちらから »

カテゴリー:周辺機器

このページの先頭へ