3DモデリングとBIM(ビム)

前回はRevit(レビット)を使って3Dモデリングすることの難しさに少しだけ触れてみました。

解説をする側ではなく、実際にCADを使う側からの意見が色濃く出てしまった気もしますけど……

まあ実際に自分でRevit(レビット)を操作している訳ですから、ある程度はそうした色が出ても良いですよね。

ただ、今現在Revit(レビット)が出来ない事を色々と知っているので、書いていくと少しずつ熱くなる傾向にありそうです。

書いていくとキリがないこともありますし、それが単なる愚痴にならないように気を付けないといけません。

とは言え、まだRevit(レビット)の機能が完全に近いとは言い難い、というのもまた事実。

なので、元から存在しない機能をRevit(レビット)に求るのは、あまり効率が良いとは言えないかも知れません。

存在しない機能を求めてしまい、それが見つからないことに対して、それを自分のスキルのせいにする。

それでは仕事をしていても面白くないですからね。

って……

そんなことを今は書いていますけど、今後Revit(レビット)がどんどん進歩していけば、ここで書いた文章は全然意味不明ですよね。

そう遠くない将来に、そういう状態になることを、1ユーザーとして心から期待しています。

続きはこちらから »

カテゴリー:BIMとは

3Dモデリングは簡単ではない

BIM(ビム)という言葉は、長い単語の頭文字を取って作られた名前だけあって、色々な意味を持っています。

ただ単に3DCADを使い、建物のデータに高さ情報を与えて3D入力するだけではなく、もっと先があるんです。

作成された3Dデータに「情報」が与えられて、そこでようやくBIM(ビム)という言葉に意味が出てくる。

前回はそんな感じの話をしました。

単純に建物の形状を3Dでモデリングしただけでは、正式な意味ではBIM(ビム)とは呼べない。

そこに情報が与えられないと、せっかく3Dモデリングした建物の価値も半減してしまいます。

……と、そのような表現をしましたが、これは一般的な言葉の定義を考えて書くとそうなる、というだけの話なんです。

今まで2DCADを使って作図をしていた状態に比べると、高さ情報を持っているCADデータにはやはり価値があります。

そこに情報を盛り込めばなお良い、というくらいのニュアンスで書きたいのが正直な気持ちです。

今回はそのあたりの、3DモデリングデータとBIM(ビム)について思うところを書いてみたいと思います。

続きはこちらから »

カテゴリー:BIMとは

部材が情報を持つ意味とは

前回はBIM(ビム)という言葉を作る意味について簡単に考え、その中にある「情報」という言葉について考えてみました。

建物を構成している3Dの要素が、それぞれ細かい情報を持っている。

これがBIM(ビム)の大きな特徴であり、今までの2DCADとは決定的に違う部分でもあります。

ただ、情報を持っていると言っても、それがCAD特有の情報であればあまり大きな意味はありません。

例えば二次元CADとして有名なオートキャド(AutoCAD)でも、作図した図形には様々な情報が盛り込まれています。

では、二次元CADが持っている情報と、前回書いたBIM(ビム)の概念が持っている「情報」とは何が違うのか。

今回はこのあたりについて考えてみたいと思います。

続きはこちらから »

カテゴリー:BIMとは

長い言葉を省略する意味

BIM(ビム)という言葉には一体どんな意味があるのか、という話を前回は考えてみました。

Building Information Modeling……ビルディング・インフォメーション・モデリング。

どうも単語の並びだけを見ても、なんだか分かったような分からないような、曖昧な気分になります。

やはり日本人ですから、単語を並べた言葉を目にしても、意味を直感的に理解することが出来ないのかも知れません。

だから日本語に訳してみる訳です。

それが日本語でどういう意味を持っているのかを考えて、そこでようやく「ああそういう意味なのか」ってなります。

これって私だけですかね。

いや、多分私だけじゃなくて、似たような思いをしている方は多いと思うので、ここではもう少しだけ掘り下げて考えてみます。

続きはこちらから »

カテゴリー:BIMとは

BIM(ビム)という言葉の意味

このカテゴリで主に取り上げるのは、最近よく聞かれるようになった言葉「BIM(ビム)」です。

この言葉は、サイトのメインコンテンツであるRevit(レビット)と非常に深い関わりを持っています。

では、具体的にはどのような関わりを持っていて、3DCADが果たす役割にはどんなものがあるのか。

そして、そもそもBIM(ビム)という言葉には、どんな意味があるのか。

今までの経験から考えると、こういう言葉は大抵何かしらの言葉の頭を取って並べたものが多いですが。

BIM(ビム)の概念と、それがRevit(レビット)とどう関係しているかが分かったら……

話は次のステップに進んで、BIM(ビム)が具体的にはどんなことが出来るのか、とか。

最終的に目指すところはどこで、今現在どのあたりにいるのか、問題点は何なのか、などなど。

3DCADを使おうと考えているのなら、まずは知っておいた方が良い事を色々と書いてみたいと思います。

私自身も、頭の中にある知識を文章にして伝えることによって、それをもう少し上手くまとめておきたい。

そんなことを考えています。

まだまだ頭の中に入れたい知識はたくさんあるので、ここらで少し整理をしておこうという思惑があったりします。

人に説明をすること、何かを教えること。

こうした行為というのは、それが例えどれだけヘタな説明だったとしても、しっかりと効果があるものなんですよね。

続きはこちらから »

カテゴリー:BIMとは

このページの先頭へ