Revitは普及するCADか?


Revit(レビット)が3DCADだということで、前回は3Dについて簡単に説明をしてみました。

高さ情報を入れ込みながら図面を書いていく、というのが3DCADの大きな特徴になります。

これは割と当たり前の意見だとは思いますが、高さを含めた図面を書いていくのは結構大変なんです。

でも、そうして3Dで造っていくことによって、図面を作図した後で様々な用途に利用することが出来る。

メリットは当然ある訳で、だからこそ手間をかけても高さ方向の数値を含めたデータを作成しているんですね。

具体的にどんな用途で使うことが出来るか、という話は別の項目で詳しく説明をしていくつもりです。

これが出来るからこそ3Dでモデリングをする、というくらい便利な用途が結構あると私は思っています。

こういう「こんなことも出来ますよ」みたいな良い部分を説明するのは、書いていてなかなか楽しいですね。

別に私が開発したCADじゃないんですけど、自分が愛用しているCADがこれだけ優れている、という話はやっぱりイイ。

そんな話はもう少し後にして、今回取り上げてみたいテーマはもう少し別のところにあります。

続きはこちらから »

カテゴリー:はじめに

3DCADで何を作図するか


Revit(レビット)は3DCADですから、まずは3DCAD全般についての簡単な概要から説明をして……

とか思っていたら、前回はあまりそのあたりの話が出来ませんでした。

何だか途中から「私が3DCADであるRevit(レビット)を使い始めたのは……」みたいな話になってしまいましたね。

そしてそのまま話が戻らないまま終わってますから、3DCADについての簡単な説明がきちんと出来ていない状態です。

自分が実務で使っているRevit(レビット)というソフトを、ユーザーの視点で色々と説明したい。

そんな主旨を伝えたいという目的もあったので、まるっきり無駄とは言いませんけども……

それでもRevit(レビット)と3DCADの概要として、私が言いたいことは全部伝えられませんでした。

ということで、ここで改めてRevit(レビット)の概要について説明をしたいと思います。

最初からこんな調子で大丈夫か?

とか、ちょっと心配になってきますけど、最初から「綺麗にまとめよう」とか意気込むと結局何も出来ないんですよね。

最初はどんどん書き進めていくことが大事ですから、とにかくどんどん思うことを書きながら進んでいきましょう。

書いた内容を綺麗にまとめるのは、伝えたいことを全部書いてからでも遅くはないですから。

続きはこちらから »

カテゴリー:はじめに

3DCADのイメージとか


当サイトでは、3DCADソフトのひとつであるRevit(レビット)についての解説をしていきます。

解説というとガイドブックみたいなモノを想像するかも知れませんが、ここではそれよりも前の段階について書いていきます。

もちろん操作的な話もしていきますが、それはもう少し後のステップになるんじゃないかな。

そうした細かい話よりも……

Revit(レビット)というのはどんなソフトなのか、どんな機能を持っているのか、どんな用途で使えるのか。

というような話を、実際に実務で使っている側の視点になりますが、思うところを色々と書いてみたい。

そんなことを考えています。

まずはRevit(レビット)がどんなCADなのかを説明していく流れですが、ここで少しだけ待ってください。

ちょっとその前に……

現在のCAD業界での3DCADの立場とか、そのあたりの内容について考えてみることにします。

続きはこちらから »

カテゴリー:はじめに

このページの先頭へ