このカテゴリについて

当サイトでは、タイトルの通りRevit(レビット)とかBIM(ビム)について色々と書いています。

場合によっては話がダブってしまい同じ話を繰り返したり、かと思えば話がいきなり飛んでしまったり。

と、あまり上手いこと話を進めていない気もしますけど、とにかくRevit(レビット)について色々と書いてます。

読む方によっては多少役に立つ内容もあるかも知れませんけど……正直なところを言うと、ちょっと内容が面白くないですよね。

たまには堅い内容ではない話しも書いてみたら良いんじゃないか、なんて少し思ったので、早速新しくカテゴリを作ってみました。

そんな訳でこのカテゴリでは、私が思ったことをその都度良い感じに、色々と書いていくことにします。

それも、あまりRevit(レビット)に関係のない話であっても、そこは気にしないで書いていきます。

まあ時にはそうした文章があっても良いんじゃないか。

そう考えて頂ければ嬉しいです。

続きはこちらから »

カテゴリー:雑談など

BIMの実現と施主の関係

Revit(レビット)でもっと手軽に3Dモデリングを行う為には、もう少し機能が充実して欲しい。

そんな話を前回はしましたが、BIM(ビム)の問題点とは少し違うような内容になってしまいました。

実際に使っているからだと思うんですけど、こういう要望を書き始めると、なかなか収まらりません。

でもそんな話を長々としていても、結局待つことくらいしか出来ないですから、ここで問題点についての話に戻りましょう。

ちなみに……

BIM(ビム)の問題点についてもう少し書いた後は、もっと具体的な内容に踏み込んでいければと思っています。

具体的な内容というのは、例えばファミリの使い方とか考え方についての説明とか、図面化する際の問題点とか。

もっと言うと、とことん突き詰めたらRevit(レビット)でどこまでモデリング出来るのか。

これも試してみたいところです。

私も具体的な内容をどんどん書いていく事によって、もう一度自分の知識を整理して何が足りないのかを確認したいです。

Revit(レビット)に様々な機能を要望するのに、操作する側がスキルアップを目指さないのは矛盾してますよね。

なので、今現在Revit(レビット)が持っている機能を、少なくとも全て使いこなすくらいにはなっておかないと。

と、やや自分の為みたいな面もありますけど、もっと具体的な操作について書けることを楽しみにしています。

さて、今回取り扱うBIM(ビム)の問題点は「誰のためにBIM(ビム)をやるのか」という部分です。

個人的にはこれが最大の問題点ではないかと考えています。

続きはこちらから »

3DCADは手軽な存在になるか

Revit(レビット)を使って作成した3Dモデリングデータを利用して、干渉チェックなどを行なっていく。

これを設計がやるのか施工がやるのか。

3Dモデリングにはかなりの手間がかかる為、フロントローディングという言葉を安易に使うことは出来ません。

かと言って、後になってそういう作業をするのも効果が薄いので、出来るだけ早い段階で確認をしておきたいところです。

役割分担が明確になっていれば、もう少しスムーズに話が進むんですけど、今のところは少し曖昧な感じ。

というあたりの話を前回はしました。

もっと手軽に3Dモデリングが出来れば、どちらが干渉チェックしても特に問題にはならない訳ですが……

誰もが簡単に3Dモデリング出来る状況というのは、かなり難しいんじゃないかと思っています。

もう少し3D入力が便利になるとか、CADの機能が充実するとか、そういうレベルであれば進歩はしていきます。

そうしてRevit(レビット)が進歩するまでにも、もう少し時間が必要になってくる気がしますが。

誰でも簡単に3Dモデリングが出来るというのは、操作の性質から考えてかなり難しいことかも知れません。

続きはこちらから »

効果が見えないという問題

設計と施工で区切られている役割分担の中で、3Dモデリングによる干渉チェックはどこに分類されるのか。

それが今のところ明確になっていない為、どちらがやるべきなのかが微妙な状態になっているのではないか。

前回はそんな話を取り上げてみました。

このあたりの話はお金が絡んで複雑ですから、ここで私がどうこう書いたところで状況が変わる訳ではありませんが……

干渉チェックに関しては、どちらかと言えば設計がやった方が良いんじゃないかと私は考えています。

出来るだけ最初の方にやっておいた方が、干渉している場合の解決方法が多くて、影響が少なくて済みますから。

ただし、単純に「フロントローディングだから設計がやるべき」という話をしても、実際は全然説得力がないんですよね。

なぜかというと、本当にフロントローディングが効果的なのかどうか、はっきりと断言することが出来ないから。

今回はそのあたりの話を考えてみたいと思います。

続きはこちらから »

干渉チェックは誰がやるべきか

建物を建てる際には、施主・設計・施工という大きなカテゴリーに分かれ、それぞれの役割を果たしていくことになります。

施主はお金を支払うことがメインと思われますが、どんな建物を望んでいるのかを明確にする役割も持っています。

これが結構重要な役割なんです。

明確なビジョンや要望がないと、実際に建物を建てる側としては、どうするのが良いのか結構困りますから。

設計はそうした要望を引き出し、なおかつプロとしての意見を盛り込んだ使い勝手の良い建物を設計する役割を。

施工はその設計意図を細かい部分まで理解して、事故を起こすことなく約束の日時までに建物を完成させる役割を。

施主はともかくとして、設計と施工はそれぞれの分野でエキスパートと呼ばれる人達が業務を遂行していきます。

お金を支払って素人に仕事を依頼をする人はいないので、皆がエキスパートなのは当然のことですけど……。

とにかくそうしたプロフェッショナルが、役割を分担してプロジェクトを進めていくことになります。

続きはこちらから »

このページの先頭へ