設計と施工の関係を考える

規模の大きな物件をRevit(レビット)で3Dモデリングする為には、かなりの労力が必要になってきます。

手間・時間・コスト。

それらを費やすことによってはじめて、干渉チェックやパースなどに利用できるモデリングデータが完成する訳です。

この先もっとRevit(レビット)が便利になっていけば、かかる手間もコストも減っていくとは思います。

しかし今まで書いてきたように、現状では2DCADよりも手間がかかってしまう、という現実があります。

とは言っても、大変だから3Dで設計しない、という話で終わってしまったら、今までと何も変わりません。

技術的な部分には、プロとして挑戦をしていかなければならない部分も、きっとあるはずですよね。

だから、やっぱり積極的にRevit(レビット)を使っていきたいと私は思っています。

規模が大きい建物であればある程、3Dモデリングにかかる手間は大きくなっていくけれど……

設計図の不整合によって生じる影響も大きくなっていき、それを未然に防ぐ為に3DCADが有効になっていくはず。

必要なコスト以上の効果を得ることが出来る可能性もある、という話になるんじゃないか。

少し願望も入っていますけど、そうなる可能性は結構あるので、やはりもう少しRevit(レビット)には便利になって欲しいですよね。

今回はそんな話を踏まえて、そこまでコストをかけて3DCADを使うのは、最終的に誰の為なのかを考えてみたいと思います。

続きはこちらから »

使い勝手が悪いCADでは困る

Revit(レビット)が建築のBIM(ビム)ツールとしての地位を確立する為には、何が必要になってくるか。

要素としては色々とあるとは思いますが、まずは皆から積極的に選ばれるくらいの便利さが必要です。

文房具の中で定規が使われるのは、自分の手で直線を引くよりも定規を使った方が早くて楽だから。

それと同じような話で、設計をする為にはRevit(レビット)という便利なツールがなくてはならない。

そんな状態になるのが理想的ではないかと思います。

ただ、ユーザーの目線から見ると、現状はまだ不足を感じる部分が多い、というのが正直なところでもあります。

特にCADとして図面をまとめる機能をもっと充実して欲しい、というような話を前回はしてみました。

続きはこちらから »

CADとしての洗練が必要

BIM(ビム)を実現するための3DCADとして、Revit(レビット)がユーザーから選ばれるかどうか。

それはどれだけユーザーが便利と感じるかどうかによる、というような話を前回はしました。

オートキャド(AutoCAD)という良い前例があるので、Revit(レビット)もそうなる可能性は高い。

私はそう思っています。

だかからこそRevit(レビット)を使っている訳ですけど……

正直なところ、そうやってRevit(レビット)が建築業界のスタンダードになればいいな、という期待も少し入ってます。

なぜ期待を込めて書いているのかというと、ユーザーとして「間違いなくこれは便利だ」と言い切れない部分もあることを知っているから。

未来のことは誰にもわかりませんけど、もう少しインパクトがないとダメじゃないかな、という思いもあります。

ユーザーだから好き勝手に言っているだけですけど、実際に使う側の意見って結構大事ですよね。

私が苦労してRevit(レビット)を覚えた時間。

これがあらかた無駄になってしまわないように、Revit(レビット)にはもう少し頑張ってもらいたいですね。

続きはこちらから »

便利なツールとして選ばれるか

フロントローディングをする為に、設計者がRevit(レビット)を使うには、ある程度のメリットが必要です。

仕事でやっている作業なのに、わざわざ大変になるだけのツールを使うようなプロはいませんから。

そんな余裕のある仕事をしていたら、恐らく効率化を進めるライバルに勝つことは出来ません。

と、ここまでの話は改めて書くまでもないくらい当たり前のことなので、今回はその先の話を考えてみたいと思います。

先の話とは、Revit(レビット)を使うことによって、設計にも大きなメリットがあるのか、という話です。

使い勝手の良いツールだからプロとして使わない手はない。

もしRevit(レビット)がそういうソフトであれば、誰しもが使う3DCADになるはずです。

逆に言えば、そこまでのツールにならない限り、皆が使う3DCADにはならないんじゃないか。

少なくとも私はそう思っています。

だからRevit(レビット)ユーザーとしては、もっともっと便利になって欲しいんですよね。

続きはこちらから »

設計が使うかどうかが問題

前回はフロントローディングの問題点として、以下のようなポイントを取り上げてみました。

・ビジネスではお互いに得する関係が基本

・だから設計が大変なだけでは概念として定着しない

ちょっと当たり前のことを書いている気もしますけど……

苦労をするからにはそれなりの見返りがなければ、と考えるのは、仕事ですから当然のことなんですよね。

大きな手間をかけてRevit(レビット)で設計をして、干渉チェックなどもきっちりとこなしていく。

これがしっかりと出来ていれば、確かに施工にかかる際の手戻りは大きく減ることになるはずです。

だけど、そこに設計のメリットがあるのか、という話で、それがなければ「なんでそこまでやるの?」ってなる訳です。

もちろん設計の意図する建物をきっちりと施工することが出来るというのは、設計にとってもメリットではあります。

しかし、今までのやり方でも充分に設計が意図する建物を造ることが出来ていたとしたら……

それは楽な方法を、というか効率が良い方法を選ぶというのは、仕事ですから当たり前の事なんですよね。

少なくとも私だったら、作業量が少なくても同じような成果を得られる方を選ぶでしょう。

続きはこちらから »

このページの先頭へ