不具合を検証するタイミング

前回は3DCADを採用する大きなメリットである「干渉チェック」について、簡単に説明をしてみました。

CADの中で納まっていないものは、基本的に実際の施工段階でも納まっていない状態になる……

これは恐らく手描きの時代から変わることのない、図面の基本的なルールではないかと思います。

CADの中では納まっていても、実際の現場ではそう図面通りにいかない、みたいなところは残念ながら結構あります。

施工手順の問題があったり、狭くて施工できない、手が入らないなどの問題は、CADではなかなか分からない要素ですから。

「図面通りになんて出来ない」とならないように、施工条件などを考えながら描いていくのは人の役目なんです。

しかし逆に、CAD内で納まっていないのに実際の現場では上手く納まっている、というパターンはほとんどありません。

図面はイマイチだけど現場では何とかなってるんじゃないか……とか思いつつ見に行くと、まあ見事なくらい現場もイマイチになってます。

だからこそ、建物を建て始めるよりも前の設計段階で、色々な納まりを検討しておく必要があるんですね。

また、そうじゃないと手間をかけて図面を作成する意味がないですから、それで良いのだとも思います。

続きはこちらから »

干渉チェックという機能

Revit(レビット)を使って建物の設計をする際には、図面だけではなく色々な用途に使うほうが効率的です。

設計図をまとめるだけのツールと考えてしまうと、恐らく今までの2DCADで問題ないじゃないか、という話になると思いますから。

それではせっかく手間をかけた効果が少ないので、積極的に色々な場面で使っていくことをお勧めします。

というのが前回までの話でした。

パースだけではなく、数量拾いや納まり確認など、3Dモデリングデータを活用可能なシーンは色々とあります。

活用する場面が多ければ多いほど、最初に手間をかけてRevit(レビット)を使う効果が大きくなる訳です。

ところで……

3Dモデリングデータがパース以外にどう活用出来るか、という話を以前紹介した時には、以下のような項目がありました。

・数量拾い

・各種解析

・ウォークスルー(動画)

この時には、パースと並んで3DCADで非常に重要な要素である「干渉チェック」について書くのを忘れてしまいました。

今回は補足として、3DCADの干渉チェックとは何か、について簡単に書いてみたいと思います。

続きはこちらから »

自動寸法記入があれば……

Revit(レビット)で作成する3Dモデリングデータを元にして、設計図を作図していく。

今まで2DCADでやってきた設計図作図業務だけを考えると、それはあまり効率の良い作業ではないかも知れません。

もう少し機能が洗練されたらどうなるか分かりませんが、今のところはやはり時間と手間が必要な状態です。

ただ、その先3Dモデリングデータをどのように使っていくかによっては、時間をかける価値があるのではないか。

前回はそのような話をしてみました。

図面とパースだけにRevit(レビット)の3Dモデリングデータを使うのは、ちょっと勿体ないんです。

Revit(レビット)で作成した3Dデータを、出来る限り有効に使えるようにすること。

これが、BIM(ビム)を普及させていく上で、非常に重要な課題ではないかと思います。

続きはこちらから »

図面だけでは非効率的

Revit(レビット)を使ってBIM(ビム)の考え方を実現する為には、2DCADよりも多くの時間と手間がかかります。

割と単純な話ですが、この「時間がかかる」という事が、BIM(ビム)の大きな問題点のひとつと言えるでしょう。

というような話を前回までしてきました。

もう少しCADとしての機能などが充実してくると、Revit(レビット)の方が早いです、ということになるのかも知れません。

でも今のところは2DCADで設計をするよりも、かなり時間がかかってしまうというのが現実ではないでしょうか。

これはRevit(レビット)とそれを使う側、両方の進歩が待たれる状態ではありますが……

それはどんなCADであっても同じ話ですよね。

様々なシーンで高さ方向の入力がある分だけ、2DCADよりも時間がかかるのは仕方がないことではないか。

実際に使ってみた感想としては、そんな感じなんですよね。

今回はそんな話を踏まえて、2DCADに比べて時間がかかるけれど、はたしてその価値はあるのかを考えてみたいと思います。

続きはこちらから »

2DCADよりも時間がかかると

Revit(レビット)を使ってBIM(ビム)の概念を実現する為には、結構な時間と手間がかかります。

手間と時間をかけてプロが作業する訳ですから、当然人件費という名目でお金がたくさん必要になる、ということです。

2DCADに較べるとお金がかかる。

これが、当サイトでお伝えしたかった、BIM(ビム)が抱えている問題点のひとつです。

ただしココで書いておきたいのが、2DCADに較べるとお金がかかるというのは、設計段階での話だということ。

トータルで見てどうなのか、という話はまた別の問題になるし、それはそれでもうひとつの問題点になります。

つまり、BIM(ビム)という概念で作成したRevit(レビット)のデータを最後まで活用出来るのか、という話です。

これはまたもう少し後で詳しく書いていくことにして、今回は作業にかかる時間についてもう少し考えてみたいと思います。

続きはこちらから »

このページの先頭へ