なぜ書き出しにこだわるのか

Revit(レビット)からオートキャド(AutoCAD)に書き出した際に、梁などのファミリはブロックになる。

それがどんな問題になるのかというと、オートキャド(AutoCAD)上でブロックのまま色を変えることが出来ないというあたりです。

Revit(レビット)の問題点のひとつとして、前回はそんな話を取り上げてみました。

ただしこれは、書き出した後のやり方によっては、それほど問題点とは言えないレベルの話という可能性もあります。

だから、これを読んでいる方の中にも、この話のどこが問題点なのか、と思う方がいるかも知れません。

例えば「書き出した後は絶対に色を変えない」とか、そういうルールを徹底すればそれで済む話なんですよね。

でも、実際に仕事をしていると「絶対に色を変えないこと」を完全に実行するのは結構難しいんです。

データがあれば色々な用途で利用したくなるのが普通で、その用途の全てが白黒で済む訳ではないですから。

それが分かっているからこそ、出来ればCADの機能としてそれを解決しておきたいと考えてしまうんです。

続きはこちらから »

ファミリの書き出しとブロック

Revit(レビット)からAutoCAD(オートキャド)に書き出しをする際の問題点。

これについて非常に長いこと書いてきましたが、2項目残るだけなのであと少しで終わりそうです。

もっと別のことも色々と書きたいので、具体的な問題点についてはもうそろそろ終わりにしたいですね。

寸法・文字について今まで書いてきたので、今回は線分などの要素がどうなっているかを考えていきましょう。

続きはこちらから »

書き出された文字の問題点


Revit(レビット)からAutoCAD(オートキャド)に書き出しをすると、寸法線はそのまま寸法線として書き出されます。

これがどれだけ重要で有難いことか……

というような話を、AutoCAD(オートキャド)側の動きを交えて前回は取り上げてみました。

基本的に別のCADにデータを変換すると、特に文字とか寸法などが上手いこといかない場合が多いです。

そういう意味では、少なくとも寸法線として認識してくれるだけでも、実務レベルではかなり助かるんです。

まあ人間は欲張りな生き物ですから、寸法線として書き出されるだけでは満足しないで、もう少し先の要望があったりする訳ですけど……

そのあたりの課題というか具体的な話はもう少し後ですることにして、今回は書き出されたデータについてもう少し見ていくことにします。

続きはこちらから »

寸法線の要素を保つ意味

Revit(レビット)からAutoCAD(オートキャド)に書き出したデータが実際どんな状態なのか。

前回はこのあたりの話をテーマにしてみました。

データ書き出しというのは、話題としてはかなり地味で、もっと言うと全然面白くない内容だったりします。

3Dデータで建物を作ってパースを作ることが出来ますとか、そのパースの中を歩いてみることが出来ますとか。

あるいは、3Dモデリングした建物から、必要な材料の数量を拾って集計することが出来ますとか。

そういう話題の方が派手で分かりやすいし、Revit(レビット)を使うメリットとして伝えやすいんです。

しかし残念なことに、実際の業務ってやつは派手で分かりやすい話ばかりじゃありません。

むしろ地味でメンドクサイことの連続だったりします。

例えばRevit(レビット)からデータを書き出して、それを別のCADで体裁を整えるとか。

書き出しについての話が地味だったとしても、触れない訳にいかない理由はそのあたりにあるんです。

続きはこちらから »

書き出された寸法の処理

Revit(レビット)から2DCADに書き出したデータは、細かい設定をしない限りなかなか思惑通りにはいきません。

書き出しされたデータを2DCADで開いて、パッと見ただけでも思ったような状態にならない事が多い……

ただしこれは、きちんと設定をすれば解決する話であって、特に大きな問題にはならないことです。

Revit(レビット)側にそうした機能が用意されていない、という話ではないですから。

そんな話を今までしてきましたが、今回は見た目よりも重要な部分、どんな状態で書き出されているかについて考えてみます。

色や画層などは書き出し設定を調整することで、ある程度綺麗に書き出されるようになります。

でも、見た目以外の要素はどうなるのか、というあたりの話ですね。

続きはこちらから »

このページの先頭へ