BIM(ビム)を実現するCAD

BIM(ビム)の概念を実現するRevit(レビット)というCADで、一体どんなことが出来るのか。

そしてどんなことが出来ないのか、どんな問題点があるのか。

このカテゴリでは、このあたりの内容について、個人的な意見を含めて色々と書いていきたいと思っています。

本当は出来ることと出来ないこと、問題点などでカテゴリ分けして書いていきたいと思ってました。

でも実際に書いてみたら、それが結構難しいということが分かったので、とにかく色々と混ぜながらでもまずは書いてみます。

まとめるのはその後でも良いか……ということで。

まずは色々と情報を吐き出してみて、そこからいる情報とそうでない情報を分けていこうかな、と。

綺麗にまとめた内容を書こうとすると、結局書き出すことが出来ない状態になってしまいますからね。

とか、最初に「分かりにくくてスミマセン」みたいな逃げ口上を書いてしまいましたが、もちろん適当に書く訳ではありません。

ただ、色々と話が飛んだりする可能性はあるので、ある程度までは「まあ仕方がないか」と思って頂けると助かります。

ということで、まずはRevit(レビット)の現状について色々と書いていきたいと思います。

続きはこちらから »

3Dモデリング要素と図面と

Revit(レビット)を使って実際に建物をモデリングしようとすると、割と序盤にあることに気が付きます。

3Dモデリングをする要素と、図面として必要な要素は根本的に考え方が違うんだ、ということに。

Revit(レビット)では、3Dのパーツを組み合わせてモデリングをしていくことになります。

しかしそれだけでは図面として成り立たない、という現実がある訳です。

だから図面としてまとめる為には、3D要素以外の線や寸法も入力していく必要がある、というのが前回の話でした。

3D要素以外は3Dビューに表示されない、という状態も前回は例として紹介しましたので、イメージは出来ると思います。

今回はその話の続きとして、平面図で表現されるのがどんな線なのかについて考えてみます。

続きはこちらから »

モデリングと製図の違い

前回はRevit(レビット)でのモデリングをイメージする為、簡単なサンプルを用意してみました。

その前に紹介した、オートキャド(AutoCAD)の平面図と3Dビューに比べると、かなり分かりやすいですよね。

Revit(レビット)とオートキャド(AutoCAD)は色々と違う特徴を持っていますが、この「分かりやすさ」が大きな違いです。

図面のプロであれば平面図のみでも分かりますけど、建物を建てようとしている方が全員図面のプロではありません。

そういう場合には、やっぱり分かりやすい3Dビューが威力を発揮することになると思います。

私は建築のプロですから、本当は「3Dビューなんてなくても分かる」と言いたいところではあります。

でも、自分だけが分かっていても、それが相手に伝わらないと意味がない場合も多いんです。

そういうことを考えると、Revit(レビット)は使い方によっては非常に便利なツールになるんじゃないか。

そんなことを考えています。

続きはこちらから »

Revit(レビット)でのモデリング例

2DCADと3DCADの違いというテーマで、前回はオートキャド(AutoCAD)で図面を描くイメージについて話をしてきました。

イメージということなので、いくつかの画像を交えながら、割と具体的な内容で説明をしたつもりです。

線を引いて図面を構成していくという2DCADのイメージは、何となくでも掴めたでしょうか。

例え斜めから見ると高さがないペラペラの状態であっても、図面としての表現はそれで充分なんです。

必要のない無駄を省くというのは、まあつまらない話ですけど、仕事の鉄則ではあります。

なので、図面として表現する為に必要な情報だけを入れ込む、というやり方は合理的と言えるでしょう。

さて、その一方でRevit(レビット)はどんな感じで作図をしていくのか、というのが今回のテーマです。

続きはこちらから »

オートキャド(AutoCAD)ではこうなる

今までの2DCADであれば、建物の壁を表現する際には、線分を引くコマンドを使用することになります。

私は昔からオートキャド(AutoCAD)を使って図面を描いてきましたが、線分コマンド「LINE」は本当によく使いました。

これは本当に手描きの時代を思い起こさせる考え方で、線をCADで作図するのか、自分の手で作図するのかという違いがあるだけの話。

だから何となく理解しやすかったのではないかと、ちょっと考え方の古い私はそう考えています。

でも、Revit(レビット)はそういう分かりやすい世界から、少しだけ離れた概念を持っているんです。

それが「要素」という考え方。

「要素」というのが正式な呼び方なのかは自信はないですけど、要するに壁や柱などの建物を構成するパーツという考え方です。

そうしたそれぞれのパーツを組み合わせて、建物をモデリングをしていく、という手順になります。

この違いを実際の図面でイメージしてみる、というのが今回の趣旨です。

続きはこちらから »

このページの先頭へ